Intel、6コア/12スレッド対応のワークステーション向けCPU「Xeon E-2100」シリーズ発表

2018.07.13 10:12 更新

2018.07.12 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
Intel Corporation(本社:アメリカ カリフォルニア州)は2018年7月12日(現地時間)、6コア/12スレッドに対応するワークステーション向けCPU「Xeon E-2100」シリーズを発表した。
  • Intel、6コア/12スレッド対応のワークステーション向けCPU「Xeon E-2100」シリーズ発表
  • Intel、6コア/12スレッド対応のワークステーション向けCPU「Xeon E-2100」シリーズ発表

従来モデルから最大45%パフォーマンスが向上

Intelはエントリーワークステーション向けの新型CPU「Xeon E-2100」シリーズおよび対応チップセットIntel C246を発表した。

Intel Xeon E3-1200v6シリーズの後継に位置づけられる製品で、コア数は4コア/8スレッドから6コア/12スレッドへ、対応メモリクロックも2,400MHzから2,666MHzへと向上しており、コンピュート性能は最大36%、財務アプリケーションや3Dモデリングアプリケーションなどでは最大45%もパフォーマンスが向上しているという。

Intel-Xeon-E-2100_1024x576c Intel-Xeon-E-2100_1024x576d

製造プロセスは14nm、プラットフォームはLGA1151、ソケットはシングルプロセッサのみで、メモリはECCに対応。またIntel Hyper-Threading TechnologyやTurbo Boost Technology 2.0、Advanced Vector Extensionsなどの機能をサポートする。

Intel-Xeon-E-2100_1024x576e

なお製品ラインナップは以下の表の通り。

Intel-Xeon-E-2100_1024x407f

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
Intel Corporation: http://www.intel.com/

totop