LG、HDR400/144Hz対応の31.5インチWQHDゲーミング液晶「32GK850F-B」など2モデル

2018.07.12 15:20 更新

2018.07.12 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
LGエレクトロニクスの日本法人、LGエレクトロニクス・ジャパン株式会社(本社:東京都中央区)は2018年7月12日、31.5インチWQHDゲーミング液晶ディスプレイ「32GK850F-B」「32GK650F-B」について、国内市場向け取り扱い開始を発表した。発売はいずれも7月26日で、市場想定売価は税抜60,000円前後と50,000円前後。
  • LG、HDR400/144Hz対応の31.5インチWQHDゲーミング液晶「32GK850F-B」など2モデル
  • LG、HDR400/144Hz対応の31.5インチWQHDゲーミング液晶「32GK850F-B」など2モデル

HDR400非対応の下位モデルもラインナップ

32GK850F-B 市場想定売価税抜60,000円前後(7月26日発売)
32GK650F-B 市場想定売価税抜50,000円前後(7月26日発売)
https://www.lg.com/jp/press-releases/20180712-gaming-monitor-32gk850f-b

WQHD(2,560×1,440ドット)解像度に対応するゲーマー向け31.5インチ液晶ディスプレイ。液晶パネルはVA方式で、144Hzの高速リフレッシュレートに対応。またタイムラグを最小限に抑える「DAS」モード、黒挿入によって残像感を軽減する「1ms Motion Blur Reduction」、暗いシーンの視認性を高める「ブラックスタビライザー」などの機能を備えた。

「32GK850F-B」は、400cd/㎡の高輝度表示に対応し、映像用のHDR10およびVESAが策定した「VESA DisplayHDR 400」に準拠する上位モデル。色域はDCI-P3 95%で、ティアリングやスタッタリングを抑えるHDR対応の垂直同期技術「FreeSync 2」をサポートする。

「32GK650F-B」は、HDR機能やUSB3.0ハブ機能を省略した下位モデル。最高輝度は350cd/㎡で、垂直同期技術は「FreeSync」をサポートする。

32GK_1024x768c 32GK_1024x768d

その他スペックは共通で、コントラスト比3,000:1、応答速度5ms、視野角は水平/垂直178°。インターフェイスはHDMI×2、DisplayPort×1、ステレオミニジャック×1。本体サイズはW715×D272×H494~604mm、重量8.3kg。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
LGエレクトロニクス・ジャパン株式会社: http://www.lg.com/jp/

totop