ADATA、高性能ヒートシンクを搭載するNVMe M.2 SSD「XPG GAMMIX S11」発売

2018.07.12 11:36 更新

2018.07.12 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
エイデータテクノロジージャパン株式会社(本社:東京都千代田区)は2018年7月12日、高性能ヒートシンクを搭載するゲーマー向けNVMe M.2 SSD「XPG GAMMIX S11」について、国内市場向け取り扱い開始を発表した。容量は480GBと960GBの2モデル展開で、即日販売が開始されている。
  • ADATA、高性能ヒートシンクを搭載するNVMe M.2 SSD「XPG GAMMIX S11」発売
  • ADATA、高性能ヒートシンクを搭載するNVMe M.2 SSD「XPG GAMMIX S11」発売

SSDの温度を最大10℃下げる高冷却ヒートシンク搭載

XPG GAMMIX S11(7月12日発売)
AGAMMIXS11-480GT-C(480GB) 市場想定売価税込16,680円前後
AGAMMIXS11-960GT-C(960GB) 市場想定売価税込34,980円前後
http://www.adata.com/jp/aa/newslist/2/2018/1/1691/
http://www.xpg.com/jp/feature/548

SSDの温度を最大10℃下げることができるという、流線型デザインの高冷却ヒートシンクを搭載するNVMe M.2 SSD、ADATA「XPG GAMMIX S11」の国内発売が開始された。容量は480GBと960GBの2モデル展開。

第2世代64層3D NANDフラッシュと、NVMe 1.3に対応するSMI製コントローラを採用し、転送速度はシーケンシャル読込最高3,200MB/sec、書込最高1,700MB/sec、ランダム読込最高310,000 IOPS、書込最高280,000 IOPS。

またデータの整合性とSSDの長寿命化を実現するLDPC ECCや、TLC NANDの欠点であるアクセス速度を改善するSLCキャッシュ、DRAMバッファによるデュアルキャッシュを搭載する。

インターフェイスはPCI-Express3.0(x4)、外形寸法はW80×L22×H3.5mm、重量8g。MTBFは200万時間で、製品保証は5年間。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
エイデータテクノロジージャパン株式会社: http://jp.adata.com/

totop