スマホ・タブレットで設定できるスイッチングハブ、ネットギア「GC752X/GC752XP」

2018.07.09 11:24 更新

2018.07.09 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
ネットギアジャパン合同会社(所在地:東京都中央区)は2018年7月9日、スマホ・タブレットでセットアップができるギガビットLAN対応スイッチングハブ「GC752X」「GC752XP」を発表した。いずれも7月10日より販売が開始され、市場想定売価は税抜110,000円と税抜198,000円。
  • スマホ・タブレットで設定できるスイッチングハブ、ネットギア「GC752X/GC752XP」
  • スマホ・タブレットで設定できるスイッチングハブ、ネットギア「GC752X/GC752XP」

クラウド機能によってインターネット経由でも各種設定が可能

GC752X(型番:GC752X-100AJS) 市場想定売価税抜110,000円(7月10日発売)
https://www.netgear.jp/products/details/GC752X.html
GC752XP(型番:GC752XP-100AJS) 市場想定売価税抜198,000円(7月10日発売)
https://www.netgear.jp/products/details/GC752XP.html

モバイルデバイスで設定・管理・運用ができるギガビットLAN対応スイッチングハブ。製品ラインナップはPoE+給電に対応する「GC752XP」と非対応の「GC752X」の2モデルが用意される。

小規模法人ネットワーク向けの製品で、スマートフォン・タブレット用アプリ「Insightアプリ」を利用することで、簡単にセットアップが可能。さらにクラウド機能を備え、インターネットを経由して、外出先などでもモニタリングやネットワークの管理、PoE給電のON/OFFなどが可能になる。

GC752XP_967x300

ポートは1000BASE-T×48、SFP×2、SFP+×2、ポート機能はオートネゴシエーション、MDI/MDI-X自動切り替え、IEEE 802.3Xフローコントロール等に対応。また冗長機能はIEEE802.1D スパニングツリープロトコル、IEEE802.1w ラピッドスパニングツリー、IEEE802.1s マルチプルスパニングツリー、リンクアグリゲーション をサポートする。

GC752XP_1024x768a GC752XP_1024x768b
GC752XP

「GC752X」の外形寸法はW440×D224×H44mm、重量3.16kg、「GC752XP」の外形寸法はW440×D320×H44mm、重量4.79kg、PoE最大給電能力は505W。製品保証はいずれも5年間。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
ネットギアジャパン合同会社: https://www.netgear.jp/

totop