第2世代Ryzenに最適化したゲーミングマザー、MSI「X470 GAMING PRO」

2018.07.06 11:30 更新

2018.07.06 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
Micro-Star Int'l Co.,Ltd.(MSI/本社:台湾)は2018年7月6日、第2世代Ryzenへの最適化を謳うX470ゲーミングマザーボード「X470 GAMING PRO」について、国内市場向け取り扱い開始を発表した。発売は7月7日より開始され、市場想定売価は税抜14,980円。
  • 第2世代Ryzenに最適化したゲーミングマザー、MSI「X470 GAMING PRO」
  • 第2世代Ryzenに最適化したゲーミングマザー、MSI「X470 GAMING PRO」

安定した電力を供給する「Core Boost」採用

X470 GAMING PRO 市場想定売価税抜14,980円(7月7日発売)
https://jp.msi.com/Motherboard/X470-GAMING-PRO/

Socket AM4向け最新チップセットAMD X470を搭載するゲーミングマザーボード。電源回路設計を最適化し、安定した電力を供給する「Core Boost」を採用しており、高クロック、マルチコア設計の第2世代Ryzenの性能を最大限に発揮させることができる。

またAMD 400シリーズチップセットなら無料で使用できるストレージ技術「StoreMI」をより有効に活用できるよう、M.2スロットはPCI-Express3.0(x4/32Gbps)のTurbo M.2と、PCI-Express2.0(x4/20Gbps)接続の標準M.2の2基を備えた。

その他、7色/7パターンのLEDライティング効果を楽しめる「Mystic Light RGB」、スタジオクラスの高音質を実現する「Audio Boost」、メモリ回路の信号を最適化した「DDR4 Boost」、重量級のグラフィックスカードを安全に支える「PCI-E Steel Armor」などの独自機能を採用する。

主なスペックはメモリスロットがDDR4-3466+×4(最大64GB)、SATA3.0(6Gbps)は6ポートで、拡張スロットはPCI-Express3.0(x16)×2、PCI-Express2.0(x16/x4接続)×1、PCI-Express2.0(x1)×3。

product_10_20180412144200_5aceffb852c18
  • ソケット:Socket AM4
  • チップセット:AMD X470
  • フォームファクタ:ATX
  • メモリスロット:DDR4-3466MHz×4(最大64GB/デュアルチャネル対応)
  • 拡張スロット:PCI-Express3.0(x16)×2、PCI-Express2.0(x4/x16形状)×1、PCI-Express2.0(x1)×3
  • ストレージ:SATA3.0(6Gbps)×6、Turbo M.2×1、M.2×1
  • LAN:ギガビットLAN×1(Realtek 8111H)
  • サウンド:Audio Boost(Realtek ALC892)
  • インターフェイス:ギガビットLAN×1、USB3.1 Gen.2×2、USB3.1 Gen.1×4、USB2.0×2、オーディオ端子×5、光オーディオ端子×1、PS/2×1、DVI×1、HDMI×1
  • 外形寸法:W305×H244mm

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
Micro-Star Int'l Co.,Ltd.(MSI): https://jp.msi.com/

totop