レース中のGフォース&縁石越えの衝撃を再現、可動式シートのシミュレータが約55万円で発売

2018.07.06 11:00 更新

2018.07.06 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
株式会社マイルストーン(本社:東京都千代田区)は2018年7月6日、ゲームに連動してシートが可動する、Next Level Racingブランドの体感型レーシングシミュレータ「GTultimate V2 Motion Racing Simulator Cockpit」について、新規取り扱い開始を発表した。市場想定売価は税抜504,296円で、7月20日に発売される。

レース中のマシン挙動を再現する、可動式のレーシングシミュレータ

GTultimate V2 Motion Racing Simulator Cockpit 市場想定売価税抜504,296円(7月20日発売予定)
http://www.milestone-net.co.jp/news/new_product/20180706/

Next Level Racingブランドが手がける、体感型のレーシングシミュレータ「GTultimate V2 Motion Racing Simulator Cockpit」が国内向けに発売決定。レーシングシート「GTultimate V2 Racing Simulator Cockpit」にGフォースを擬似的に再現する専用拡張パーツ「Motion Platform V3」を組み合わせ、可動式にアップグレードされている。

GTultimate_V2_Motion_1024x317

PCと「Motion Platform V3」をUSB接続し、専用ソフトウェア「Platform
Manager」をインストールすれば準備完了。40種類以上のPC用レーシングゲーム(リンク先参照)に連動し、アクセル・ブレーキワークにおける加減速Gフォースやコーナーリング中のGフォース、縁石やバンプを乗り越える際の突き上げといった、マシンのリアルな挙動を体感できる。

「Motion Platform V3」は既存のモーションシステムと比較して、ユニットが大幅に小型・軽量化した点が特徴。シート下に収まるサイズ感で、外形寸法はW350×D460×H200mm、重量25kg。耐荷重は130kgで、最大消費電力は350Wとされる。

なお、レーシングシート(シミュレータ)の「GTultimate V2 Racing Simulator Cockpit」は、外形寸法W550~700×D1250~1500×H1170mm、重量45g。Thrustmaster、Fanatec、ロジクー製のステアリングコントローラに対応する。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 絵踏 一
株式会社マイルストーン: http://www.milestone-net.co.jp/
Next Level Racing: http://www.pagnianimports.com.au/

totop