業界最速クラス。1,900Mbps対応のUSB無線LAN子機、TP-Link「Archer T9UH」12日発売

2018.07.05 12:13 更新

2018.07.05 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
ティーピーリンクジャパン株式会社(本社:東京都港区)は2018年7月5日、5GHzと2.4GHzのデュアルバンドに対応する高速無線LAN子機「Archer T9UH」について、国内市場向け取り扱い開始を発表した。発売は7月12日予定で、市場想定売価は税込6,900円。
  • 業界最速クラス。1,900Mbps対応のUSB無線LAN子機、TP-Link「Archer T9UH」12日発売
  • 業界最速クラス。1,900Mbps対応のUSB無線LAN子機、TP-Link「Archer T9UH」12日発売

5GHz帯1,300Mbps、2.4GHz帯600MHzの高速通信に対応

Archer T9UH 市場想定売価税込6,900円(7月12日発売)
https://www.tp-link.com/jp/products/details/Archer-T9UH.html

5GHz帯と2.4GHz帯のデュアルバンドに対応するUSB3.0接続の無線LAN子機。転送速度はそれぞれ1,300Mbps、600Mbpsで、USB無線LAN子機としては最高クラスとなる合計1,900Mbpsの高速データ転送に対応する。

本体には4基のハイゲインアンテナを内蔵しており、ルーター(アクセスポイント)から遠い場所でも安定した接続が可能。さらに中・短距離での接続を安定化するビームフォーミング機能を搭載する。

ネットワーク規格はIEEE /802.11ac/a/b/g/n、セキュリティ機能は64/128bit WEP、WPA-PSK、WPA-PSK、802.1xをサポートし、ワンプッシュで親機と通信ができるWPSや、インストール/初期設定を簡単に行える「簡単設定」機能を標準装備。また設置場所を自由に変えられるケーブル長120cmの専用クレードルが付属する。

外形寸法は展開時173×36×17mm、折りたたみ時99×36×17mm、クレードルがW90×D90×H35mm、重量それぞれ45gと160g。OSはWindows 10/8.1/8/7/XP、Mac OS X、Linux(Kernel 2.6.18~4.4.6)をサポートする。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
ティーピーリンクジャパン株式会社: http://www.tp-link.jp/

totop