GIGABYTE、4枚のNVMe M.2 SSDを搭載できるロープロ対応PCIe変換カード「CMT4034」

2018.07.04 12:15 更新

2018.07.04 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
GIGABYTE TECHNOLOGY(本社:台湾)は2018年7月4日、NVMe M.2 SSDをPCI-Expressスロットに装着できるロープロファイル対応変換カード「CMT4034」「CMT4032」を発表した。
  • GIGABYTE、4枚のNVMe M.2 SSDを搭載できるロープロ対応PCIe変換カード「CMT4034」
  • GIGABYTE、4枚のNVMe M.2 SSDを搭載できるロープロ対応PCIe変換カード「CMT4034」

NVMe M.2 SSDを2枚搭載できる下位モデルもラインナップ

NVMe M.2 SSDをPCI-Expressスロットに装着できる変換カードの新製品。複数枚のM.2 SSD変換カードとしては珍しくロープロファイルに対応するのが特徴だ。

CMT4034_1000x750c CMT4034_1000x750b
CMT4034

製品ラインナップは2層構造基板を採用し、4枚のSSDに対応する「CMT4034」と、1層基板で2枚のSSDに対応する「CMT4032」の2モデル展開。

CMT4032_1000x750a CMT4032_1000x750b
CMT4032

いずれもメタル製のヒートスプレッダを搭載し、フルハイト用のI/Oブラケットが付属。バスインターフェイスは「CMT4034」がPCI-Express3.0(x16)、「CMT4032」がPCI-Express3.0(x8)で、カードサイズは150×68.9mm。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
GIGABYTE TECHNOLOGY: http://www.gigabyte.com/

totop