Razerも光学スイッチキーボードを投入。最新フラッグシップ「Razer Huntsman」デビュー

2018.06.29 11:51 更新

2018.06.28 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
Razer(本社:アメリカ カリフォルニア州)は2018年6月28日(現地時間)、光学式スイッチを搭載する最新フラッグシップキーボード「Razer Huntsman」シリーズを発表した。グローバルでは出荷が開始されており、市場想定売価は149.99ドルから。
  • Razerも光学スイッチキーボードを投入。最新フラッグシップ「Razer Huntsman」デビュー
  • Razerも光学スイッチキーボードを投入。最新フラッグシップ「Razer Huntsman」デビュー

短接点&超高耐久の光学スイッチ採用。上位モデルはマルチダイヤルや側面イルミ搭載

Razer Huntsman Elite 市場想定売価199.99ドル(発売中)
Razer Huntsman 市場想定売価149.99ドル(発売中)
https://press.razer.com/press-releases/razer-huntsman-keyboard-delivers-speed-of-light-gaming-performance-with-new-switch-technology/

Razerより、光学式スイッチを搭載した最新世代のフラッグシップキーボードがリリース。スタンダードモデルの「Razer Huntsman」に加え、マルチファンクションダイヤルや着脱式パームレスト、側面イルミネーションを備えた上位モデル「Razer Huntsman Elite」をラインナップする。

Razer_Huntsman_1024x768c Razer_Huntsman_1024x768d

シリーズ最大の特徴は、Razerによる新設計の光学式スイッチ「Razer Opto-Mechanical Switch」だ。ストローク3.5mmでアクチュエーションポイント1.5mmという短接点設計を採用、従来のメカニカルスイッチに比べ30%高速な入力が可能という。

荷重は45gで、打鍵感はRazer Greenスイッチに近い。また、接点摩耗による接点不良から解放されることから、1億回キーストロークという圧倒的な耐久性を誇る。

Razer_Huntsman_1024x768e

レイアウトは104キー英語配列で、アンチゴーストによる10キーロールオーバー、オンザフライのマクロ登録機能を搭載。キースイッチをアルミ製トッププレートに直接マウントする、フローティングデザインを採用している。

そのほか、1,680万色イルミネーションに対応した「Razer Chroma」ライティングに対応。総合ユーティリティ「Razer Synapse 3」によるカスタマイズが可能で、対応製品同士でイルミネーションを同期できる。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 絵踏 一
Razer: http://www.razerzone.com/

totop