高効率設計「PhaseWave Design」採用のGOLD電源、Antec「HCG Extreme」30日発売

2018.06.22 10:17 更新

2018.06.22 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
Antec(本社:アメリカ カリフォルニア州)国内正規代理店の株式会社リンクスインターナショナル(本社:東京都千代田区)は2018年6月22日、80PLUS GOLD認証を取得したセミファンレス電源ユニット「HCG Extreme」シリーズについて、新規取り扱い開始を発表した。容量は850Wと1,000Wの2モデルで、6月30日より発売が開始される。
  • 高効率設計「PhaseWave Design」採用のGOLD電源、Antec「HCG Extreme」30日発売
  • 高効率設計「PhaseWave Design」採用のGOLD電源、Antec「HCG Extreme」30日発売

ファン回転数はセミファンレスと自動制御の切り替えが可能

HCG Extremeシリーズ(6月30日)
HCG1000 Extreme 市場想定売価税込24,480円
HCG850 Extreme 市場想定売価税込22,480円
http://www.links.co.jp/item/hcg-extreme/

80PLUS GOLD認証を取得した高効率電源ユニットの新製品。ケーブルは着脱式のフルモジュラー方式で、ATX 20+4pin、CPU 4+4pin、PCI-Express 6+2pinケーブルには電圧変動やノイズを抑制する「Power Cachコンデンサ」を搭載する。

HCG1000_EXTREME_1024x768d HCG1000_EXTREME_1024x768e

コンデンサはすべて超低ESR・超低インピーダンスな日本メーカー製で、常に安定した出力が可能。またノイズの発生や伝達ロスを抑制する「ワイヤーレス基板」、高周波ノイズとスイッチング損失を抑制する「フルブリッジLLC回路」、優れた変換効率を実現する「DC-DCコンバータ」等で構成されるAntec独自「PhaseWave Design」を採用する。

HCG1000_EXTREME_1024x768f HCG1000_EXTREME_1024x768g
コンデンサは品質に定評のある日本メーカー製のみ使用している 「PhaseWave Design」では、ノイズの発生や伝達ロスを抑制するためワイヤーレス基板を採用する

冷却ファンは流体軸受採用の135mm大口径ファンを搭載し、背面スイッチで低負荷時にファンの回転を停止する「HYBRID MODE」と、常にファンを回転する「自動回転制御」の切り替えに対応。保護回路は過電流保護(OCP)、過電圧保護(OVP)、低電圧保護(UVP)、無負荷定格速度運転(NLO)、短絡回路(SCP)、過電力保護(OPP)、過熱保護(OTP)、サージ突入電流保護(SIP)の8種で、力率を改善するActive PFC回路も備えた。

HCG1000_EXTREME_1024x768h HCG1000_EXTREME_1024x768i
HCG850 Extreme HCG1000 Extreme

容量ラインナップは850Wと1,000Wの2モデル。外形寸法はW150×D160×H86mm、重量1.60kg~1.66kg、製品保証は10年間。なお1,000Wモデル「HCG1000 Extreme」については、近日中に詳細レビューをお届けする予定。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
Antec: http://antec.com/
株式会社リンクスインターナショナル: http://www.links.co.jp/

totop