東芝、「BiCS FLASH」採用のエンタープライズ向け2.5インチSAS SSD「RM5」シリーズ

2018.06.20 12:00 更新

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
東芝メモリ株式会社(本社:東京都港区)は2018年6月20日、「BiCS FLASH」を採用するSAS 12Gbps対応サーバー向け2.5インチSSD「RM5」シリーズを発表した。
  • 東芝、「BiCS FLASH」採用のエンタープライズ向け2.5インチSAS SSD「RM5」シリーズ

最大7.68TBの大容量を実現した2.5インチSSD

東芝より、独自3D NANDフラッシュ「BiCS FLASH」を搭載するエンタープライズ向け2.5インチSAS SSD「RM5」シリーズが登場した。

既存サーバーで多く使用されているSATA SSDの換装用に開発された「Value SAS SSD」シリーズに属する製品で、従来SATA SSDからシーケンシャル読込は約1.6倍に向上。さらに2.5インチフォームファクタながら最大7.68TBの大容量を実現しており、エンタープライズサーバーやストレージシステムの高速・大容量化が可能になる。

なおOEM顧客向け評価用サンプルの出荷は即日開始。また2018年第3四半期以降より順次出荷を拡大する予定だ。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
東芝メモリ株式会社: https://www.toshiba-memory.co.jp/

totop