マウスG-Tune、「NEXTGEAR-MICRO」シリーズを新型筐体でリニューアル

2018.06.14 15:00 更新

2018.06.14 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
株式会社マウスコンピューター(本社:東京都中央区)は2018年6月14日、ゲーミングブランドG-Tuneより、ミニタワーPC「NEXTGEAR-MICRO」シリーズ採用筐体をリニューアル。左側面の強化ガラスパネル仕様もラインナップし、2機種をリリースした。基本構成売価は税抜89,800円より。
  • マウスG-Tune、「NEXTGEAR-MICRO」シリーズを新型筐体でリニューアル
  • マウスG-Tune、「NEXTGEAR-MICRO」シリーズを新型筐体でリニューアル

マット仕上げのミニタワー筐体に刷新

NEXTGEAR-MICRO im610BA1-TV 基本構成売価税抜89,800円(発売中)
NEXTGEAR-MICRO im610PA1-SP 基本構成売価税抜289,800円(発売中)
https://www.g-tune.jp/desktop/nextgear_micro_b360/

G-Tuneブランドのミニタワー「NEXTGEAR-MICRO im610」シリーズは、アンケートによるゲーマーの声を取り入れたデザインに刷新。上位機種では左サイドパネルに強化ガラスが採用され、自作に近い魅せるPCが手軽に楽しめるようになった。なお外形寸法はW188.8xD396xH400mm。

im610_800x600c

外観はマット仕上げで、天板はゲーミングデバイスが気軽に置けるフラットパネル仕様。フロントアクセスポートにはHDMIを用意し、VRデバイスをはじめとする周辺デバイスの接続の利便性を考慮した。

エアフローレイアウトはフロント右側面とボトム面に吸気口を備え、背面に排出。なおボトム面にはマグネット固定でメンテナンスが容易な防塵フィルタを設けた。またドライブベイは3.5インチx1と2.5インチx2で、筐体上段に集約。エアフローの妨げにならない。

第1弾として用意される「NEXTGEAR-MICRO im610BA1-TV」(基本構成売価税抜89,800円)は、Intel Core i5-8400(Coffee Lake/6コア/2.80GHz/TB時最大4.0GHz/9MB/TDP65W)とNVIDIA GeForce GTX 1050 2GB GDDR5で構成する、Intel B360 Expressチップベース。DDR4 8GB(PC4-19200/8GBx1)メモリをはじめ、1TB HDD(SATA3.0/7,200rpm)、500W(80PLUS BRONZE)電源ユニット等を備えた。

上位機種「NEXTGEAR-MICRO im610PA1-SP」(基本構成売価税抜289,800円)は、Intel Core i7-8700K(Coffee Lake/6コア/3.70GHz/TB時最大4.70GHz/12MB/TDP95W)とNVIDIA GeForce GTX 1080 Ti 11GB GDDR5Xで構成する、Intel B360 Expressチップベース。DDR4 32GB(PC4-19200/16GBx2)メモリをはじめ、WD Black PCIe NVMe M.2 SSD 512GB、2TB HDD(SATA3.0/7,200rpm)、Blu-rayドライブ、700W(80PLUS BRONZE)電源ユニット等を備えた。なおこの機種は左サイドパネルに強化ガラスが装着済み。

いずれもOSにWindows 10 Home 64bitをプリインストール。各種カスタマイズに対応し、ディスプレイはオプション扱い。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 松枝 清顕
株式会社マウスコンピューター(G-Tune): https://www.g-tune.jp/

totop