PCに残された最後の“地味要素”が消滅。世界初、光り輝く電源ケーブル「Strimer」登場

2018.06.05 10:00 更新

2018.06.04 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
Lian Li Industrial Co. Ltd.(本社:台湾)は2018年6月4日(現地時間)、RGBイルミネーションに対応した電源延長ケーブル「Strimer」を発表した。
  • PCに残された最後の“地味要素”が消滅。世界初、光り輝く電源ケーブル「Strimer」登場

隠す対象から魅せる要素に。ライティングモジュール一体型の延長ケーブル

Lian Li Debuts World’s First RGB Power Connector Cable
http://www.lian-li.com/

「COMPUTEX TAIPEI 2018」開幕に合わせ、Lian Liから“光る電源ケーブル”こと「Strimer」が発表。お披露目予定のPCケース2種が先行でアナウンスされていたが、もう一つユニークなプロダクトを隠し持っていたようだ。

そもそも魅せるPCを組むには、目立たないようにうまくケーブルを取り回すことが重要なポイント。いわばどのように隠すかに主眼が置かれていたワケだが、Lian Liは真逆のアプローチで解決を狙った。

Strimer_800x600

今回発表された「Strimer」とは、ズバリ電源延長ケーブルにライティングモジュールを一体化させた製品。アドレス指定可能なRGBヘッダピンで接続することで、マザーボード側のソフトウェアでイルミネーションをカスタマイズできる。また、10種類のライティング効果を選択できる内蔵コントローラも装備。RGB非対応のマザーボードでも使用可能だ。

なお、製品の開発にあたっては、ドイツの著名オーバークロッカー“der8auer”氏の協力を得ているという。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 絵踏 一
Lian Li Industrial Co. Ltd.: http://www.lian-li.com/

totop