4K60pやHDR映像を2系統に分岐できるHDMIスプリッター、プリンストン「PHM-SP102S」

2018.05.23 17:00 更新

2018.05.23 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
株式会社プリンストン(本社:東京都千代田区)は2018年5月23日、4K60pやHDR映像を2系統に分岐できるHDMIスプリッター「PHM-SP102S」を発表した。発売日は6月1日で、市場想定売価は税抜6,000円。
  • 4K60pやHDR映像を2系統に分岐できるHDMIスプリッター、プリンストン「PHM-SP102S」
  • 4K60pやHDR映像を2系統に分岐できるHDMIスプリッター、プリンストン「PHM-SP102S」

解像度が異なる混在環境にも対応

HDMI出力機器の映像を2台同時に出力できるHDMIスプリッター。4K60fpsやHDRの高解像度表示に対応するほか、4Kディスプレイと2Kディスプレイのような解像度が異なる混在環境でもそれぞれの解像度に合わせた出力が可能だ。

電源はHDMIケーブルによるバスパワー駆動で、電力不足の際に給電ができるmicroUSB端子を実装。またXboxやPS4を正式サポートしており、「PCA-HDAVMP」などのビデオキャプチャーユニットを接続すればゲームをプレイしながら、動画のライブ配信を行うことができる。

表示解像度は480i/480p/720p/1080i/1080p/4K@60Hz、HDCP規格は2.2/1.xに準拠し、最大データ転送速度は18Gbps。外形寸法はW64×D50×H18mm、重量約37g。なお製品には給電用のmicroUSBケーブル×1(約1.5m)、ユーザーズガイド/保証書×1が付属する。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
株式会社プリンストン: http://www.princeton.co.jp/

totop