PCIe/SATA両対応の熱伝導パッド付きM.2 SSD変換カード、アイネックス「AIF-06A」

2018.05.22 19:05 更新

2018.05.22 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
株式会社アイネックス(本社:東京都西東京市)は2018年5月22日、PCI-Express/SATA両対応のM.2 SSD変換カード「AIF-06A」を発表した。製品出荷は6月5日より開始され、市場想定売価は税抜1,980円~2,200円。
  • PCIe/SATA両対応の熱伝導パッド付きM.2 SSD変換カード、アイネックス「AIF-06A」

M.2 2230/2242/2260/2280フォームファクタ対応の変換カード

AIF-06A 市場想定売価税抜1,980円~2,200円(6月5日出荷開始)
http://www.ainex.jp/products/aif-06a/

PCI-Express/SATA接続のSSDを同時に搭載できるPCI-Express変換カード。SSDの接続インターフェイスはPCI-ExpressとSATA3.0(6Gbps)で、フォームファクタはM.2 2230/2242/2260/2280に対応する。

電源はいずれもPCI-Expressスロットからの給電で、製品にはフルハイト用ブラケット、ロープロファイルブラケット、ブラケット固定用ネジ、熱伝導パッド(0.75mm)×2、熱導電パッド(1.75mm)×2などが付属する。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
株式会社アイネックス: http://www.ainex.jp/

totop