Windows 10対応の56Kデータ/FAXモデム、プラネックス「PL-US56K2」

2018.05.15 14:22 更新

2018.05.15 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
プラネックスコミュニケーションズ株式会社(本社:東京都渋谷区)は2018年5月15日、USB接続に対応するデータ/FAXモデム「PL-US56K2」を発表した。価格はオープンプライスで、5月21日より発売が開始される。
  • Windows 10対応の56Kデータ/FAXモデム、プラネックス「PL-US56K2」
  • Windows 10対応の56Kデータ/FAXモデム、プラネックス「PL-US56K2」

OS標準ドライバで動作するUSB接続モデム

PL-US56K2 オープンプライス(5月21日発売)
http://www.planex.co.jp/news/release/2018/20180515_pl-us56k2.shtml

業務系や制御系処理では未だ現役なアナログ公衆回線に接続できるUSB対応アナログデータ/FAXモデム。FAXの送受信にはClass1対応のFAXソフトが別途必要になるが、ドライバはOS標準ドライバで動作する。

ITU-T V.90/V.92に準拠し、データ受信速度は最大56Kbps、送信は33.6Kbps、FAX通信速度は14.4kbps。インターフェイスはUSB2.0、電源はバスパワー駆動で、消費電力は最大100mA。

外形寸法はW25×L75×H18mm(ケーブル部除く)、重量約28g。対応OSはWindows 10/8.1/8/7。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
プラネックスコミュニケーションズ株式会社: http://www.planex.co.jp/

totop