第8世代Core搭載の13.9インチ3Kスリムノート、ファーウェイ「MateBook X Pro」発売決定

2018.05.10 16:55 更新

2018.05.10 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
華為技術日本株式会社(ファーウェイ・ジャパン)は2018年5月10日、13.9インチ3K液晶を採用するスリムノートPC「MateBook X Pro」について、国内市場向け取り扱い開始を発表した。発売日は6月15日。製品ラインナップはCore i7-8550U搭載の上位モデルとCore i5-8250U搭載の下位モデルで、販売価格は税抜149,800円から。
  • 第8世代Core搭載の13.9インチ3Kスリムノート、ファーウェイ「MateBook X Pro」発売決定
  • 第8世代Core搭載の13.9インチ3Kスリムノート、ファーウェイ「MateBook X Pro」発売決定

画面占有率91%の狭額縁液晶を採用

MateBook X Pro 市場想定売価税抜149,800円から(6月15日発売)
https://consumer.huawei.com/jp/tablets/matebook-x-pro/
MateBook Dシリーズ 市場想定売価税抜87,800円から(5月18日発売)
https://consumer.huawei.com/jp/tablets/matebook-d-2018/

画面占有率91%を誇る狭額縁デザインの13.9インチ3K(3,000×2,000ドット)液晶を搭載するスリムノートPC。CPUにはクアッドコアの第8世代Coreシリーズを採用し、スリムタイプながら優れたマルチスレッド処理性能を発揮する。

液晶パネルはsRGB 100%カバーの広色域10点マルチタッチパネルで、視野角178°、輝度450nits、コントラスト比1,500:1のLTPS方式を採用。またリアルな立体サウンド再生ができる「Dolby Atmosサウンドシステム」や、ツイーター×2、サブウーハー×2の計4基のスピーカーなど、マルチメディア機能にこだわった設計も特徴だ。

製品ラインナップはCore i5-8250U(4コア/8スレッド/定格1.60GHz/TB時3.40GHz/キャッシュ6MB)、LPDDR3 8GB、256GB SSDの下位モデルと、Core i7-8550U(4コア/8スレッド/定格1.80GHz/TB時4.00GHz/キャッシュ8MB)、LPDDR3 16GB、512GB SSD、GeForce MX 150を搭載する上位モデルの2モデル展開。

外形寸法はW304×D14.6×H217mm、重量1.33kg。なお詳細についてはこちらのリリースを合わせて参照いただきたい。

mated_1024x420

また第8世代Coreシリーズと15.6インチフルHD液晶を搭載する「MateBook D」シリーズの2018年モデルも同時リリース。カラーはミスティック・シルバーとオーロラブルーの2色で、5月18日より発売が開始される。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
華為技術日本株式会社: http://www.huawei.com/jp/

totop