ECS「LIVZ Z」に、8GBメモリと120GB SSDを搭載したバリエーションモデル追加

2018.05.07 17:59 更新

2018.05.07 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
ECS
株式会社リンクスインターナショナル(本社:東京都千代田区)は2018年5月7日、Elitegrpup Computer Systems(ECS 本社:台湾)の超小型デスクトップPC「LIVA Z」に、8GBメモリと120GB SSD搭載したバリエーションモデル「LIVAZ-8/120-W10(N4200)」を発表した。発売日は5月12日で、市場想定売価は税込42,800円。
  • ECS「LIVZ Z」に、8GBメモリと120GB SSDを搭載したバリエーションモデル追加
  • ECS「LIVZ Z」に、8GBメモリと120GB SSDを搭載したバリエーションモデル追加

OSはWindows 10 Home 64bitをプリインストール

LIVAZ-8/120-W10(N4200) 市場想定売価税込42,800円(5月12日発売)
http://www.links.co.jp/item/liva-z-n4200/

ECSの超小型デスクトップPC「LIVA Z」に、DDR3L 8GBメモリと120GB SSDを搭載したバリエーションモデル「LIVAZ-8/120-W10(N4200)」が追加された。

ベースとなるのはSoCにPentium N4200(4コア/定格1.10GHz/バースト時2.50GHz/キャッシュ2MB)を搭載する「LIVAZ-4/32(N4200)」で、OSはWindows 10 Home 64bit版をプリインストール。またeMMC 32GB、ギガビットLAN×2(Realtek RTL8111H)、IEEE 802.11ac無線LAN、Bluetooth 4.0などを搭載する。

インターフェイスはUSB3.0×3、USB3.0 Type-C×1、オーディオコンボジャック×1、グラフィックス出力はHDMI1.4b×1(4K@30Hz)、miniDisplayPort×1(4K@60Hz)を備え、SoCの冷却はファンレスヒートシンクを採用。電源はDC19VのACアダプタが付属する。

外形寸法は117×128×33mm、重量約365g。なお製品保証は1年間。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
Elitegroup Computer Systems(ECS): http://www.ecs.com.tw/
株式会社リンクスインターナショナル: http://www.links.co.jp/

totop