価格は約13万円。合計8スピーカーと5インチ液晶搭載の一体型ハイレゾプレイヤー「RS-301」

2018.04.27 15:00 更新

2018.04.27 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
zionote株式会社(本社:埼玉県川口市)は2018年4月27日、スピーカーやディスプレイを搭載した一体型ハイレゾプレイヤー「RS-301」を発表した。市場想定売価は税込128,000円前後で、6月1日に発売される。
  • 価格は約13万円。合計8スピーカーと5インチ液晶搭載の一体型ハイレゾプレイヤー「RS-301」

32Bit/384kHz対応のハイレゾDACを内蔵。スピーカーは3-WAY方式の合計8基

RS-301 市場想定売価税込128,000円(6月1日発売予定)
http://zionote.com/ekklesia/rose/rs-301/

zionoteが立ち上げた「HiFi rose」ブランドの第一弾製品として、一体型ハイレゾプレイヤーの「RS-301」がリリース。Android 5.0を搭載するAndroidベースのプレイヤーで、左右それぞれにツィーター・ミッドレンジ・パッシブラジエター×2の合計8スピーカーを内蔵している。

RS-301_1024x768b

サンプリングレート32Bit/384kHzに対応するハイエンドオーディオDAC Sable ES9018を搭載。DSD、MQS、FLACなどのハイレゾ音源を再生できる。低・中・高域帯それぞれの音質を最適化するため、本体にはツィーター・ミッドレンジ・ウーファーを個別搭載するハイエンド仕様の3-WAY方式を採用。音の歪みを最小限に抑えるため、ウーファーには特許取得のパッシブラジエターが搭載されている。

フロント中央にタッチ操作に対応した5インチディスプレイを搭載し、動画の再生も可能。ネットワークはBluetooth 4.0と802.11 a/b/g/nの無線LANをサポートし、AirPlayやDLNA、Home Networkに対応。roseサーバーが提供するオススメの音楽を再生する「ROSE TUBE」、ネットワーク上の音源にアクセスできる独自アプリ「ROSEWARE APP」などが提供される。

プロセッサはクアッドコア1.2GHz、メモリ1GB、ストレージ8GBを内蔵。インターフェイスはUSB×2、microSDスロット、ライン入力、ヘッドホン端子、有線LANなどを備える。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 絵踏 一
zionote株式会社: http://www.zionote.com/

totop