M.2 SSDをポータブルドライブにする小型ケース、AKASA「AK-ENU3M2-BK」

2018.04.17 16:00 更新

2018.04.17 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
SSD
Akasa(本社:台湾)は2018年4月16日(現地時間)、M.2 SSDをポータブルドライブにする小型ケース「AK-ENU3M2-BK」を発表した。インターフェイスはUSB3.1 Gen.1で、フォームファクタはM.2 2230/2242/2260/2280に対応する。
  • M.2 SSDをポータブルドライブにする小型ケース、AKASA「AK-ENU3M2-BK」
  • M.2 SSDをポータブルドライブにする小型ケース、AKASA「AK-ENU3M2-BK」

余ったM.2 SSDを有効活用できるポータブルケース

M.2 SSDをUSB3.1 Gen.1接続のポータブルSSD化できるアルミニウム製小型ケースがAKASAブランドから。M.2スロットが1基しかないノートPCでもシステムのクローン化が可能になるほか、余ったSSDの有効活用もできることから、M.2 SSDのアップグレードに最適だ。

フォームファクタはM.2 2230/2242/2260/2280、内蔵インターフェイスはSATA3.0(6Gbps)に対応。プロトコルはUASPをサポートし、SATA接続に匹敵する高速データ転送が可能になる。

AK-ENU3M2-BK_600x450c

外形寸法は97×39×9.6mm、外部インターフェイスはmicroBで、対応OSはWindows 10/8.x/7、Mac OS X 10.3以降。なお製品には組み立て用ドライバ、専用ケーブル、マニュアルが付属する。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
Akasa: http://www.akasa.com.tw/

totop