液冷処理のスナドラ845搭載、中華ブランドからハイエンドゲーミングスマホ「Black Shark」

2018.04.17 13:00 更新

2018.04.13 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
黑鲨科技(Black Shark/本社:中国)は2018年4月13日(現地時間)、液冷仕様のSnapdragon 845を搭載したゲーミングスマートフォン「Black Shark」を発表した。市場想定売価は2,999人民元から。
  • 液冷処理のスナドラ845搭載、中華ブランドからハイエンドゲーミングスマホ「Black Shark」
  • 液冷処理のスナドラ845搭載、中華ブランドからハイエンドゲーミングスマホ「Black Shark」

中華版「Razer Phone」?強力な冷却機構と独立した画像処理ICを内蔵

BlackShark
6GB+64GBモデル 市場想定売価2,999人民元
8GB+128GBモデル 市場想定売価3,499人民元
http://www.blackshark.com/view/sharkparamimg.html

中国の新興ゲーミングブランドBlack Sharkから、ゲーミングスマートフォンを謳う「Black Shark」が登場。「Razer Phone」を意識したハイエンド志向の端末で、優れたグラフィック処理能力をもつ。なおBlack Sharkは、Xiaomiが出資して立ち上げられたブランドであることが公表されている。

プロセッサはSnapdragon 845(最大2.8GHz)を搭載し、その冷却には放熱面積6,000mm²の一体型液体冷却機構を採用。冷却効率を大幅向上させ、CPU温度を8℃低下させることが可能という。また、GPUチップにはAdreno 630を内蔵するほか、pixelworks製の独立した画像処理ICを搭載。鮮明かつ滑らかなグラフィックス表示を実現した。

ディスプレイは、2,160×1,080ドット(アスペクト比18:9/403ppi)の5.99インチ液晶を採用。メモリとストレージは、6GB+64GBまたは8GB+128GBを内蔵する。

そのほか、1,200万画素+2,000万画素センサーのデュアルカメラ、2,000万画素のインカメラを装備。ゲーミング向けにチューニングされたスピーカー・マイク、Quick Charge 3.0対応の4,000mAhバッテリーなどを備える。nanoSIM×2のデュアルSIM仕様で、外形寸法W75.4×D161.6×H9.25mm、重量190g。カラーはブラックとスカイグレイの2色展開。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 絵踏 一
Black Shark: http://www.blackshark.com/

totop