紙のような読みやすさと書き心地を実現した、A5サイズデジタルペーパーがソニーから

2018.04.16 15:00 更新

2018.04.16 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
ソニー株式会社(本社:東京都港区)は2018年4月16日、紙のように読み書きできるA5サイズのデジタルペーパー「DPT-CP1」を発表した。発売は6月上旬より開始され、市場想定売価は税抜70,000円前後。
  • 紙のような読みやすさと書き心地を実現した、A5サイズデジタルペーパーがソニーから
  • 紙のような読みやすさと書き心地を実現した、A5サイズデジタルペーパーがソニーから

10.3インチクラスでは世界最薄・最軽量のデジタルペーパー

まるで紙のように読み書きできる、小型A5サイズのデジタルペーパー「DPT-CP1」がソニーからリリース。6月上旬より販売が開始される。

A5サイズ相当となる10.3インチ(1,404×1,872ドット)の高解像度電子ペーパーディスプレイを採用し、このクラスでは世界最薄・最軽量となる厚さ5.9mm、重量約240gというコンパクト化を実現。また独自開発ノンスリップパネルにより、ペン先の滑りを抑え、適度な抵抗感を持たせることで、紙に近い書き心地で使用できるのも特徴だ。

さらに本体には約1万ファイルのPDFドキュメントを保存できる大容量メモリを内蔵。NFCや無線LAN経由でスマートフォンとのPDF連携ができる専用アプリ「Digital Paper App for mobile」も用意され、必要なデータをいつでもどこでもすぐに確認できる。

DPT-CP1_640x480c DPT-CP1_640x480d

液晶カラーは16階調グレースケール、タッチパネルは静電容量方式ペン入力対応タッチパネルで、プロセッサはMarvell IAP140(64bit/4コア)、内蔵メモリは16GB(使用可能容量約11GB)、インターフェイスはmicroUSB。ネットワークはIEEE 802.11a/b/g/n/ac無線LAN、Bluetooth 4.2(NFC対応)、連続駆動時間は最長約3週間(Wi-Fi有効時は1週間)、充電時間は約3.5時間(USB充電時は約5.5時間)。

外形寸法はW174.2×D5.9×H243.5mm、対応OSはWindows 10/8.1/7、Mac OS X 10.11以降。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
ソニー株式会社: http://www.sony.co.jp/

totop