ECS、高信頼性設計&デジアナ分離オーディオ搭載のMicroATXマザー「B360 TIGER T9」

2018.04.09 11:19 更新

2018.04.06 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
Elitegrpup Computer Systems(ECS 本社:台湾)は2018年4月6日(現地時間)、Intel B360チップを搭載するMicroATXマザーボード「B360 TIGER T9」を発表した。
  • ECS、高信頼性設計&デジアナ分離オーディオ搭載のMicroATXマザー「B360 TIGER T9」
  • ECS、高信頼性設計&デジアナ分離オーディオ搭載のMicroATXマザー「B360 TIGER T9」

高耐久コンポーネントを搭載した「ECS Durathon Technology」を採用

Coffee Lake対応の新型チップセットIntel B360を搭載する、ECSのマザーボード「B360 TIGER T9」がリリース。フォームファクタはMicroATXに対応する。

6フェーズ構成の電源回路を内蔵、独自の「ECS Durathon Technology」で信頼性・安定性を高めたモデル。「ESD Protection」による静電気保護も備える。また、デジタル-アナログ分離基板を採用した、6ch対応のオーディオ回路も搭載されている。

メモリスロットはDDR4-2666×2(最大32GB)、ストレージはSATA3.0(6Gbps)×4とIntel Optane Memoryに対応するPCI-Express(x4)接続のM.2×1を実装。拡張スロットは、PCI-Express3.0(x16)×1、PCI-Express3.0(x1)×2を備える。

B360 _TIGER_T9_900x261

そのほか、インターフェイスは、ギガビットLAN×1、USB3.1 Gen2×2、USB3.0×2、USB2.0×2、オーディオ端子×3、PS/2×1構成。画面出力は、HDMI×1、DVI-D×1、D-Sub×1の3系統を実装する。

  • ソケット:LGA1151
  • チップセット:Intel B360
  • フォームファクタ:MicroATX
  • メモリスロット:DDR4-2666×2(最大32GB)
  • 拡張スロット:PCI-Express3.0(x16)×1、PCI-Express3.0(x1)×2
  • ストレージ:SATA3.0(6Gbps)×4、M.2×1
  • LAN:ギガビットLAN×1(Realtek RTL8111H)
  • サウンド:6ch HDオーディオ(Realtek ALC662)
  • リアインターフェイス:USB3.1 Gen2×2、USB3.0×2、USB2.0×2、オーディオ端子×3、PS/2×1、ギガビットLAN×1、HDMI×1、DVI-D×1、D-Sub×1
  • 外形寸法:225×185mm

文: エルミタージュ秋葉原編集部 絵踏 一
Elitegroup Computer Systems(ECS): http://www.ecs.com.tw/

totop