OCもできるCore X対応ワークステーションマザー、ASUS「WS X299 PRO」国内発売開始

2018.03.30 11:25 更新

2018.03.30 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • hatena
  • pocket
ASUS JAPAN株式会社(本社:東京都千代田区)は2018年3月30日、Intel X299チップを採用するワークステーションマザーボード「WS X299 PRO」について、国内市場向け取り扱い開始を発表した。即日販売が開始され、市場想定売価は税込65,000円前後。
  • OCもできるCore X対応ワークステーションマザー、ASUS「WS X299 PRO」国内発売開始
  • OCもできるCore X対応ワークステーションマザー、ASUS「WS X299 PRO」国内発売開始

ベースクロックジェネレータ「ASUS PRO CLOCK IIテクノロジー」搭載

WS X299 PRO 市場想定売価税込65,000円前後(3月30日発売)
https://www.asus.com/jp/Commercial-Servers-Workstations/WS-X299-PRO/

コンシューマ向けハイエンドIntel X299チップを採用するワークステーションマザーボード、「WS X299 PRO」が本日より発売開始。価格は税込65,000円前後。

専用のベースクロックジェネレータ「ASUS PRO CLOCK IIテクノロジー」や、CPUの電圧制御などを行う「TPU」など、ワークステーションモデルにもかかわらずチューニング機能が充実しているのが特徴。さらに電源回路には、ヒートパイプで連結された大型のヒートシンクを備え、TDP 165WのCore i9上位モデルのオーバークロック状態でも安定動作を可能にした。

主なスペックはメモリスロットがDDR4-4133MHz×8(最大128GB)、ストレージはSATA3.0(6Gbps)×6(チップセット)、M.2×2、U.1×1。拡張スロットはPCI-Express3.0(x16)×2、PCI-Express3.0(x8/x16形状)×1、PCI-Express3.0(x4/x16形状)×1、PCI-Express3.0(x4)×1で、マルチグラフィックスは3-Way NVIDIA SLI/AMD CrossFire Xに対応する。

WS_X299_PRO_800x140

なお詳細スペックについては2017年10月24日付のグローバルリリースに詳しいので合わせて参照いただきたい。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
ASUS JAPAN株式会社: https://www.asus.com/jp/

totop