フロント・サイドに全面強化ガラス採用。E-ATX対応のミドルタワー、FSP「CMT520」

2018.03.14 12:12 更新

2018.03.03 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
FSP(本社:台湾)は2018年3月3日(現地時間)、ゲーマー向けのミドルタワーケース「CMT520」「CMT330」を発表した。

魅せるRGB対応ケース「CMT520」&スタイリッシュな高拡張モデル「CMT330」

New cases provide great airflow, offer amazing value and flexibility for gamers worldwide
http://www.fsplifestyle.com/en/pressroom.php

「CMT520」は、E-ATXフォームファクタに対応するミドルタワーケースのハイエンドモデル。フロントとサイドパネルに強化ガラスを採用した魅せるデザインが特徴で、4基のRGBファンを標準装備。ASUS「AURA Sync」やMSI「Mystic Light」、GIGABYTE「RGB fusion」対応のコントローラを内蔵し、対応製品とライティング効果を同期できる。

CMT520_1024x768b CMT520_1024x768c
CMT520

冷却ファンは、フロントに120mm RGBファン×3、リアに120mm RGBファン×1を標準装備するほか、トップに120mm×3/140mm×2を搭載可能。また、水冷ラジエターはフロントとトップに最長360mm、リアに120mmサイズを組み込むことができる。エアフローを重視した設計で、トップはメッシュ仕様になっている。

ドライブベイレイアウトは、3.5インチベイ×2、2.5インチベイ×4構成。最長423mmのグラフィックスカード、全高163mmまでのCPUクーラーに対応、拡張スロットは8基を備える。

フロントI/Oは、USB3.0×2、USB2.0×2、オーディオ入出力を搭載。外形寸法W215×D495×H510mm、重量8.5kg。

CMT330_1024x768b CMT330_1024x768c
CMT330

「CMT330」は、5インチベイを備えるなど拡張性に配慮したミドルタワーケース。強化ガラス採用のサイドパネルを装備、メッシュ仕様のフロント・トップパネルにより、エアフローにも優れる。対応フォームファクタはATX/MicroATX/Mini-ITX。

冷却ファンは、フロント120mm×2、リア120mmブルーLEDファン×1を標準装備。最大で120mm/140mm×3、トップ120mm×3/140mm×2、リア120mm×1を搭載可能。水冷ラジエターは、フロントとトップに最長360mm、リアに120mmサイズが組み込める。

ドライブベイは、5.25インチオープンベイ×2、3.5インチベイ×2、2.5インチベイ×4構成。最長423mmのグラフィックスカード、全高163mmまでのCPUクーラーに対応、拡張スロットは8基を備える。

フロントI/Oは、USB3.0×2、USB2.0×2、オーディオ入出力を装備。外形寸法はW215×D495×H510mm、重量6.7kg。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 絵踏 一
FSP: http://www.fsplifestyle.com/

totop