税抜約240万円のリビング向け超単焦点4Kプロジェクター、ソニー「LSPX-A1」

2018.03.13 14:34 更新

2018.03.13 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
ソニー株式会社(本社:東京都港区)は2018年3月13日、リビングに違和感なく溶け込む超単焦点4Kプロジェクター「LSPX-A1」を発表した。発売は4月1日より開始され、市場想定売価は税抜2,380,000円。
  • 税抜約240万円のリビング向け超単焦点4Kプロジェクター、ソニー「LSPX-A1」
  • 税抜約240万円のリビング向け超単焦点4Kプロジェクター、ソニー「LSPX-A1」

最大120インチの大画面映像を投写できる4Kプロジェクター

LSPX-A1 市場想定売価税抜2,380,000円(4月1日発売)
https://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/201803/18-0313/

4K(4,096×2,160ドット)の高解像度表示に対応するリビング向け超単焦点プロジェクター。独自開発のネイティブ4Kパネル0.74型「4K SXRD」と、超解像度技術「データベース型超解像処理LSI」を組み合わせることで、フルHDの映像信号をより高精細かつクリアな映像で表現できる。

またリビングにマッチするよう人工大理石の天板やアルミニウムフレーム、木製棚などを採用。さらに360°全方向にサウンドが広がる2本の有機ガラス管ツイータと、3つのミッドレンジスピーカー、迫力あるサブウーファーの6つのオーディオシステムにより、部屋の隅々まで響き渡るクリアなサウンドを楽しむことができる。

LSPX-A1_1024x401

投写サイズは85~120型、光源はレーザーダイオードで、製品寿命は約20,000時間、輝度2,500ルーメン、カラースペースはBT.709/BT2020に対応。入力インターフェイスはHDMI×3、RS-232C、有線LAN、TRIGGER端子など。ワイヤレス機能はBluetooth 4.2(リモコン用)を備えた。

本体サイズはW1,255×D559×H470mm、重量75kg、サブウーファーサイズはW641×D223×H114mm、重量6.6kg、リモコンサイズはW40×D18×H170mm、重量100g。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
ソニー株式会社: http://www.sony.co.jp/

totop