容量約4倍。OS用にオススメな「3D XPoint」SSD、Intel「Optane SSD 800P」

2018.03.09 10:51 更新

2018.03.08 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
Intel Corporation(本社:アメリカ カリフォルニア州)は2018年3月8日(現地時間)、「3D XPoint」技術を採用する新型M.2 SSD「Optane SSD 800P」シリーズを発表した。容量は58GBと118GBの2モデルで、市場想定売価は129ドルと199ドル。
  • 容量約4倍。OS用にオススメな「3D XPoint」SSD、Intel「Optane SSD 800P」
  • 容量約4倍。OS用にオススメな「3D XPoint」SSD、Intel「Optane SSD 800P」

一般的なNANDフラッシュより低レイテンシな「3D XPoint」採用

Intelは、低レイテンシ・高耐久な不揮発性メモリ「3D Xpoint」を採用する新型M.2 SSD「Optane SSD 800P」シリーズを発表した。

同メモリを使用したM.2 SSDとしては、すでに「Optane Memory」シリーズがリリースされているが、こちらはストレージキャッシュ向け製品。容量は最大でもわずか32GBしかなく、OSをインストールするには心もとなかった。

一方、今回発表された「Optane SSD 800P」シリーズのラインナップは、58GBと118GBの2モデルで容量は最大約4倍へと大幅に拡大。さらに一般的なNANDフラッシュSSDより、低レイテンシかつ、データを上書きする際にも速度低下が少ないことから、OSの起動用ドライブに最適だ。

The Intel Optane SSD 800P enables fast system boot, speedy application load times and smooth multitasking. Intel announced its availability in March 2018. (Credit: Intel Corporation)

インターフェイスはPCI-Express3.0(x2)、フォームファクタはM.2 2280。転送速度はシーケンシャル読込1,450MB/sec、書込640MB/sec、ランダム読込250,000 IOPS、書込140,000 IOPS、レイテンシは読込6.75μs未満、書込18μs未満。

書込耐性は200GB/day、MTBFは160万時間、動作温度は0~85℃で、製品保証は5年間。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
Intel Corporation: http://www.intel.com/

totop