Intel、Gemini Lake搭載のNUCベアボーンキット計2モデル発表

2018.03.08 10:42 更新

2018.03.07 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
Intel Corporation(本社:アメリカ カリフォルニア州)は2018年3月7日(現地時間)、Gemini Lake搭載のNUCベアボーンキット「NUC7PJYH/NUC7CJYH」を発表した。
  • Intel、Gemini Lake搭載のNUCベアボーンキット計2モデル発表
  • Intel、Gemini Lake搭載のNUCベアボーンキット計2モデル発表

SoCの違いにより2種類のベアボーンキットがラインナップ

Intelの小型ベアボーンキットNUCに、Gemini Lake採用モデルが登場。SoCの違いにより、Pentium J5005(4コア/定格1.50GHz/バースト時2.80GHz/キャッシュ4MB/TDP10W)の「NUC7PJYH」と、Celeron J4005(2コア/定格2.00GHz/バースト時2.70GHz/キャッシュ4MB/TDP10W)の「NUC7CJYH」の2モデルがラインナップ。なお後者にはDDR4 4GBメモリと32GB eMMC、Windows 10を搭載する完成モデル「NUC7CJYS」も用意される。

内蔵グラフィックスはIntel HD Graphics 600シリーズで、デュアルディスプレイに対応。メモリはDDR4-SODIMM×2(最大8GB/2400MHz)、ストレージは2.5インチSATA3.0(6Gbps)×1(9.5mm厚まで)で、ネットワークはギガビットLAN、IEEE 802.11ac無線LAN(433Mbps)、Bluetooth 5.0に対応。

インターフェイスはフロントがUSB3.0×2、3.5mmヘッドセットジャック×1、リアがUSB3.0×2、HDMI×2、3.5インチスピーカージャック×1、サイドにSDカードリーダー×1、ケンジントンロックポート×1を搭載する。

電源は19V/65W ACアダプタ駆動で、外形寸法は115×111×51mm。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
Intel Corporation: http://www.intel.com/

totop