「ブルーライトカット機能」搭載の23.6型フルHD液晶、グリーンハウス「GH-LCW24C-BK」

2018.02.19 15:00 更新

2018.02.19 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
株式会社グリーンハウス(本社:東京都渋谷区)は2018年2月19日、「ブルーライトカット機能」を搭載する23.6型フルHD液晶ディスプレイ「GH-LCW24C-BK」を発表した。価格はオープンプライスで、2018年2月下旬より発売が開始。
  • 「ブルーライトカット機能」搭載の23.6型フルHD液晶、グリーンハウス「GH-LCW24C-BK」

上下左右178°の広視野角表示に対応

GH-LCW24C-BK オープンプライス(2月下旬発売)
https://www.green-house.co.jp/news/2018/r0219a/
https://www.green-house.co.jp/products/gh-lcw24c/

エッジライト式の白色LEDバックライトを採用する23.6型フルHD液晶ディスプレイ。疲れ目の原因とされるブルーライトを最大49%軽減できる「ブルーライトカット機能」を搭載、カットレベルは3段階に調整できる。

液晶パネルは上下左右178°の広視野角VAパネルを採用し、角度による色やコントラストの変化が少ないのが特徴。またコントラスト比を500万:1に引き上げる「Dynamic Contrast Enhancement」により、鮮やかな映像表現が可能だ。

主なスペックは、応答速度25ms(OD機能オン時:9~22ms)、標準コントラスト比3,000:1、輝度250cd/㎡、表示色1,677万色相当。映像インターフェイスはD-Sub×1、DisplayPort×1、HDMI×1の3系統で、2W×2のステレオスピーカーを内蔵する。

外形寸法はW547.6×D209.9×H405.3mm、重量3.2kg。VESAマウンタは100mmで、製品保証は5年間。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
株式会社グリーンハウス: http://www.green-house.co.jp/

totop