16コアSoC、Xeon D-2183IT搭載ATXマザーボード、GIGABYTE「MB51-PS0」

2018.02.15 10:49 更新

2018.02.14 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
GIGABYTE TECHNOLOGY(本社:台湾)は2018年2月14日(現地時間)、16コアSoC Xeon D-2183ITを搭載するサーバー向けATXマザーボード「MB51-PS0」を発表した。
  • 16コアSoC、Xeon D-2183IT搭載ATXマザーボード、GIGABYTE「MB51-PS0」

最大512GBの大容量メモリに対応

Intelの新サーバー向けSoC Xeon D-2100シリーズの上位モデル、Xeon D-2183IT(16コア/定格2.20GHz/TB時2.80GHz/TDP100W)を搭載するATXマザーボード。

データセンターやエッジコンピューター向けの製品で、メモリスロットはクアッドチャネル対応のDDR4×8本を備え、最大512GBの大容量メモリに対応。またネットワークはIntel X557-AT2によるデュアル10ギガビットLANと、ASPEED「AST2500」経由のマネジメントLANを搭載する。

主なスペックは、ストレージはSATA3.0(6Gbps)×14、M.2×1(32Gbps)、U.2×1(32Gbps)、拡張スロットはPCI-Express3.0(x16)×2で、ディスプレイ出力はD-Sub×1(1,920×1,200ドット@60Hz)に対応する。

MB51-PS0_1024x768b MB51-PS0_1024x768c
ケース内のエアフローを利用するファンレスモデルと、アクティブファンクーラーモデルの2種がラインナップ

OSはWindows Nano Server、Windows Server 2016/2012 R2、Red hat Enter prise Linux Server、SUSE Linux Enterprise Server、Ubuntu、VMwareに対応。なおCPUクーラーの違いによりファンヒートシンクモデルと、ファンレスモデルの2種がラインナップされる。

MB51-PS0_940x200d

  • CPU:Xeon D-2183IT(16コア/定格2.20GHz/TB時2.80GHz/TDP100W)
  • チップセット:SoC内蔵
  • フォームファクタ:ATX
  • メモリスロット:DDR4-2400×8(クアッドチャネル対応/RDIMM/LRDIMM/最大512GB)
  • 拡張スロット:PCI-Express3.0(x16)×2
  • ストレージ:SATA3.0(6Gbps)×14、M.2×1(32Gbps)、U.2×1(32Gbps)
  • LAN:10ギガビットLAN×2(Intel X557-AT2)、マネジメントLAN×1
  • サウンド:非搭載
  • リアインターフェイス:USB3.0×2、10ギガビットLAN×2、マネジメントLAN×1、シリアルポート×1、D-Sub×1
  • 外形寸法:W305×D244mm

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
GIGABYTE TECHNOLOGY: http://www.gigabyte.com/

totop