Ryzen Threadripper対応MicroATXマザー、ASRock「X399M Taichi」の詳細スペック判明

2018.02.14 10:43 更新

2018.02.12 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
ASRock Incorporation(本社:台湾)は2018年2月12日(現地時間)、初のMicroATX対応Socket TR4マザーボード「X399M Taichi」の詳細スペックを発表した。
  • Ryzen Threadripper対応MicroATXマザー、ASRock「X399M Taichi」の詳細スペック判明
  • Ryzen Threadripper対応MicroATXマザー、ASRock「X399M Taichi」の詳細スペック判明

60A Dr.MOSによる11フェーズデジタル電源回路を搭載

「CES 2018」に合わせてアナウンスされた、MicroATX対応Socket TR4マザーボード「X399M Taichi」の詳細スペックが判明したので早速紹介していこう。

電源はIR製デジタルPWMと60A Dr.MOS「IR3555M」による11フェーズ構成で、8+4pinの補助電源コネクタを搭載。さらにヒートパイプを備えた大型のヒートシンクを組み合わせることで、TDP 180WのRyzen Threadripperに安定した電力を供給する。

X399M_taichi_1024x768a

またUltra M.2×3とU.2×1のNVMe SSD用ポート(スロット)や、Intel製デュアルギガビットLAN、USB3.1 Gen.2ポート(Type-A/Type-C)、IEEE 802.11ac無線LANなど、ATXマザーボードに匹敵する高い拡張性を実現した。

主なスペックは、メモリスロットがDDR4-3600×4、SATA3.0(6Gbps)は8ポートで、RAIDレベルは0/1/10をサポート。拡張スロットはPCI-Express3.0(x16)×3、垂直M.2×1を搭載する。なおこのモデルについては、近日中に詳細レビューをお届けする予定なので、楽しみにしていてほしい。

X399M_taichi_1024x768d
  • ソケット:Socket TR4
  • チップセット:AMD X399
  • フォームファクタ:MicroATX
  • メモリスロット:DDR4-3600×4(クアッドチャネル/最大64GB)
  • 拡張スロット:PCI-Express3.0(x16)×3、垂直M.2×1(IEEE 802.11ac+Bluetoothカード搭載)
  • ストレージ:SATA3.0(6Gbps)×8、Ultra M.2×3、U.2×1
  • LAN:ギガビットLAN×2(Intel I211AT)
  • サウンド:7.1ch HDオーディオ(Realtek ALC1220A)
  • インターフェイス:USB3.1 Gen.2×2(Type-A/Type-C)、USB3.1 Gen.1×8、ギガビットLAN×2、オーディオ端子×5、光オーディオ端子×1、PS/2×1
  • 外形寸法:244×244mm

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
ASRock Incorporation: http://www.asrock.com/

totop