落としても平気&濡れた手で操作できる、ビジネス向けスマホ「AQUOS sense basic」が今週発売

2018.02.13 14:48 更新

2018.02.13 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
ソフトバンク株式会社(本社:東京都港区)は2018年2月13日、防水・防塵・耐衝撃仕様の法人向けスマートフォン「AQUOS sense basic」について、2月16日の発売を発表した。
  • 落としても平気&濡れた手で操作できる、ビジネス向けスマホ「AQUOS sense basic」が今週発売
  • 落としても平気&濡れた手で操作できる、ビジネス向けスマホ「AQUOS sense basic」が今週発売

ビジネス現場でタフに使える法人向けスマホ

AQUOS sense basic(2月16日発売予定)
https://www.softbank.jp/corp/group/sbm/news/press/2018/20180213_01/

ソフトバンクから法人向け新製品としてアナウンスされていた、シャープのタフネススマートフォン「AQUOS sense basic」の発売が2月16日に決定。IPX5/IPX8の防水とIP6Xの防塵に加えて、耐衝撃など米国国防総省基準「MIL-STD-810G」規格の8項目に準拠した高い耐久性を備えている。

ディスプレイには、フルHD解像度のIGZO液晶を採用。シャープ独自のタッチパネルチューニングにより、画面に水滴がついても快適に操作できる。また、VoLTE(HD+)対応によるクリアな通話品質も特徴で、ビジネスシーンでもストレスのない通話を可能にしている。

主な仕様は、プロセッサがオクタコアのSnapdragon 430(MSM8937)、メモリ3GB、ストレージ32GBなど。そのほか1,310万画素のメインカメラやmicroSDスロットを備え、OSはAndroid 8.0を搭載している。バッテリーは2,700mAhを内蔵、連続通話時間は最大約1,310分、連続待受は最大約740時間。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 絵踏 一
ソフトバンク株式会社: http://www.softbank.jp/

totop