ASUS、Socket AM4対応の高耐久MicroATX「TUF B350M-PLUS GAMING」発売

2018.02.13 11:24 更新

2018.02.13 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
ASUS JAPAN株式会社(本社:東京都千代田区)は2018年2月13日、AMD B350チップを採用するMicroATXゲーミングマザーボード「TUF B350M-PLUS GAMING」について、国内市場向け取り扱い開始を発表した。本日13日より販売が開始され、市場想定売価は税込13,000円前後。
  • ASUS、Socket AM4対応の高耐久MicroATX「TUF B350M-PLUS GAMING」発売
  • ASUS、Socket AM4対応の高耐久MicroATX「TUF B350M-PLUS GAMING」発売

ミリタリーグレードの高品質コンポーネント採用

TUF B350M-PLUS GAMING 市場想定売価税込13,000円前後(2月13日発売)
https://www.asus.com/jp/Motherboards/TUF-B350M-PLUS-GAMING/

グローバルリリースで既報。「TUF GAMING」シリーズに属するSocket AM4対応MicroATXマザーボード「TUF B350M-PLUS GAMING」の国内発売が開始される。

ミリタリーグレードの高品質コンポーネントや、高耐久PCI-Expressスロット「SafeSlot」、LANポートを静電気から保護する「LANGuard」、CPUに安定した電源を供給する「DIGI+ VRM」などの機能を搭載。またオーディオ回路にはデジ/アナ分離構造や、プレミアム品質のオーディオコンデンサなどを採用する。

チップセットはAMD B350、CPUはRyzenおよびRyzen 2000Gシリーズに対応。メモリスロットがDDR4-3200×4(最大64GB)、ストレージはSATA3.0(6Gbps)×6、M.2×1で、拡張スロットはPCI-Express3.0(x16)×1、PCI-Express2.0(x4/x16形状)×1、PCI-Express2.0(x1)×1。

B350M-PLUS_1000x250c

ディスプレイ出力はD-Sub、DVI-D、HDMI×1の3系統で、USB3.1 Gen.2はType-A×2を備える。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
ASUS JAPAN株式会社: https://www.asus.com/jp/

totop