64層3D NAND採用の最新SATA3.0 SSD、SanDisk「X600」の国内発売が正式発表

2018.01.26 12:36 更新

2018.01.26 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
SanDiskブランド正規代理店の株式会社フィールドレイク(本社:大阪府大阪市)は2018年1月26日、64層3D NANDを採用するSATA3.0(6Gbps)SSD「X600 SATA SSD」シリーズについて、新規取り扱い開始を発表した。発売は2月2日より開始され、価格はオープンプライス。
  • 64層3D NAND採用の最新SATA3.0 SSD、SanDisk「X600」の国内発売が正式発表

秋葉原店頭ではすでに販売中

X600 SATA SSDシリーズ オープンプライス(2月2日発売)
128GB/256GB/512GB/1TB/2TB
https://www.sandisk.co.jp/business/computing/x600

SanDiskの組み込み・産業向けSSD「X」シリーズの最新モデル「X600 SATA SSD」シリーズの国内発売が正式アナウンス。インターフェイスはSATA3.0(6Gbps)、フォームファクタは7mm厚2.5インチとM.2 2280で、容量は128GB、256GB、512GB、1TB、2TBの5モデル展開。

NANDフラッシュにはWestern Digitalの64層3D NANDを搭載し、消費電力は従来モデルから最大25%も低減。また複数のエラー訂正テクノロジーを組み合わせることで、データの信頼性とSSDの耐久性を高めている。

主なスペックは、シーケンシャル読込560MB/sec、書込530MB/sec(256GBは525MB/sec、128GBは490MB/sec)、ランダム読込は95,000 IOPS(128GBは82,000 IOPS)、書込84,000 IOPS(256GBは81,000 IOPS、128GBは74,000 IOPS)。

20180118_akiba_01_1024x768_01
秋葉原の店頭では先週末に販売開始。なお当初入荷していなかった1TB/2TBの大容量モデルもすでに販売中だ

なお秋葉原の店頭では、既報の通り先週末よりすでに販売が開始されている。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
SanDiskブランド: https://www.sandisk.co.jp/
株式会社フィールドレイク: http://www.fieldlake.com/

totop