パンタグラフ式で3.8mmのストローク。クリエイター向けUSBキーボードがバッファローから

2018.01.17 16:00 更新

2018.01.17 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
株式会社バッファロー(本社:愛知県名古屋市)は2018年1月17日、3.8mmの深いキーストロークが特徴のパンタグラフ式USBキーボード「BSKBU510BK」を発表した。価格はオープンプライスで、1月下旬より販売が開始される。
  • パンタグラフ式で3.8mmのストローク。クリエイター向けUSBキーボードがバッファローから
  • パンタグラフ式で3.8mmのストローク。クリエイター向けUSBキーボードがバッファローから

テンキー上部に4つの「プログラマブルホットキー」搭載

BSKBU510BK オープンプライス(1月下旬発売)
http://buffalo.jp/product/input/keyboard/bskbu510/

クリエイター向けとされるUSBキーボード「BSKBU510BK」は、4点支持構造のパンタグラフ式キーを採用。キートップのぶれない操作性を保持しながら、3.8mmの深いキーストロークを特徴とする。

BSKBU510BK_1024x768b BSKBU510BK_1024x768d

キー配列は英語113キーで、専用ソフトを利用で自由に設定ができるプログラマブルホットキーをテンキー上部にレイアウトした。

インターフェイスはUSBで、ケーブル長は約1.8m。底面にはケーブルガイドを備え、中央および左右両方向からケーブルを取り回す事ができる。

外形寸法は447×34×144mmで、重量は約703g。背面には角度調整スタンド付き。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 松枝 清顕
株式会社バッファロー: http://buffalo.jp/

totop