NTTドコモ、2画面スマホ「M Z-01K」2月上旬発売~予約受け付けスタート~

2018.01.12 15:00 更新

2018.01.12 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
株式会社NTTドコモ(本社:東京都千代田区)は2018年1月12日、ZTEが開発したデュアルスクリーン搭載スマートフォン「M Z-01K」を2月中旬に発売すると発表。予約受付を開始した。
  • NTTドコモ、2画面スマホ「M Z-01K」2月上旬発売~予約受け付けスタート~
  • NTTドコモ、2画面スマホ「M Z-01K」2月上旬発売~予約受け付けスタート~

本日10時より事前予約受付開始

昨年10月に発表された、ZTEブランドのデュアルスクリーン搭載スマートフォン「M Z-01K」の事前予約受付が、NTTドコモより本日12日(金)10時に開始された。

5.2インチフルHD液晶を2基搭載し、2画面で動画とブラウザなど異なるアプリを表示する「Dual Mode」、1つに統合して6.75インチの大画面表示ができる「Extended Mode」、2人で同じコンテンツを視聴できるテントスタイルの「Mirror Mode」、通常のスマートフォンのように使う「Traditional Mode」の4種類のモードを使い分けることができる。

Axon_M_900x550

主なスペックはプロセッサがSnapdragon 821、メモリは4GB、ストレージは64GB。カメラは2,030万画素で、ネットワークはIEEE 802.11 a/b/g/n/ac無線LAN、Bluetooth 4.2。モバイル通信は下り500Mbps、上り50Mbpsの高速通信に対応する。

外形寸法はW72×D12.1×H151mm、重量約230g。OSはAndroid 7.1で、Android 8.0にも対応する予定だ。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
株式会社NTTドコモ: https://www.nttdocomo.co.jp/

totop