CORSAIR、有線・無線両対応のメカニカルキーボード「K63 Wireless」&マウス「DARK CORE RGB」

2018.01.10 12:33 更新

2018.01.08 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
CORSAIR(本社:アメリカ カリフォルニア州)は2018年1月8日(現地時間)、有線・無線両対応のゲーミングキーボード「K63 Wireless」や光学式ゲーミングマウス「DARK CORE RGB」など、ゲーミングデバイスの新製品を発表した。

2.4GHz無線とBluetooth、USB接続の3モードに対応。充電不要のQi対応マウスも

It’s Time to UNPLUG and PLAY CORSAIR Launches Full Range of Wireless Gaming Peripherals at CES 2018
http://www.corsair.com/en-us/company/press-release/its-time-to-unplug-and-play-corsair-launches-full-range-of-wireless-gaming-peripherals-at-ces-2018

アメリカ・ラスベガスで開催中の「CES 2018」にて、CORSAIRからゲーミングデバイスの新製品が発表。多様な接続インターフェイスに対応するのが特徴で、ゲーミングキーボードとマウス、オプションを含め合計5製品が発売される。

K63_Wireless_1024x768b K63_Wireless_1024x768c
K63 Wireless K63 Wireless Gaming Lapboard

「K63 Wireless」は、既存のゲーミングキーボード「K63」のワイヤレスモデル。1ms応答(1,000Hzレート)の2.4GHzワイヤレス、Bluetoothに加え、USBによる有線接続もサポートする。無線接続時は128bitのAES暗号化で通信、バッテリーライフは最大75時間と長寿命を誇る。

キースイッチは既存モデル同様にCherry MX赤軸を搭載。各キー個別のマクロ登録に対応するほか、全キーに青色バックライトを内蔵する。

また、膝上に置いてソファでゲームプレイが楽しめる、専用のマウスパッド一体型フレーム「K63 Wireless Gaming Lapboard」も合わせて発売される。

DARK_CORE_RGB_1024x768b MM1000_1024x768
DARK CORE RGB DARK CORE RGB SE

上記同様に、ゲーミングマウスでも2.4GHzワイヤレスとBluetooth、USBの3モードに対応した「DARK CORE RGB」が発表。最大16,000dpiの光学式センサーを搭載、マグネットで脱着可能な2つのサイドグリップによるボディカスタマイズを特徴とする。無線接続時のバッテリーライフは最大24時間で、3ゾーンのRGBイルミネーションに対応している。

また、Qi準拠のワイヤレス充電マウスパッド「MM1000 Qi Wireless Charging Mouse Pad」とセットで使用する、「DARK CORE RGB SE」も合わせてリリース。マウスパッドからの給電で動作するため、充電不要で使用できる。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 絵踏 一
CORSAIR: http://www.corsair.com/

totop