最大708Mbps対応のau向け高速ルーター、ファーウェイ「Speed Wi-Fi NEXT W05」

2018.01.09 22:00 更新

2018.01.09 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
華為技術日本株式会社(ファーウェイ・ジャパン)は2018年1月9日、下り最大708Mbpsに対応するモバイルルーター「Speed Wi-Fi NEXT W05」を発表した。1月下旬より、KDDI株式会社および沖縄セルラー電話株式会社向けに発売が開始される。
  • 最大708Mbps対応のau向け高速ルーター、ファーウェイ「Speed Wi-Fi NEXT W05」
  • 最大708Mbps対応のau向け高速ルーター、ファーウェイ「Speed Wi-Fi NEXT W05」

従来設定をお引っ越しできる、最大708Mbps通信対応の高速ルーター

Speed Wi-Fi NEXT W05(1月下旬発売予定)
http://consumer.huawei.com/jp/mobile-broadband/w05-au/

ファーウェイからau向けに発売される、ハイスペックモバイルルーターの新製品「Speed Wi-Fi NEXT W05」がリリース。携帯性に優れたシャープで薄型のデザインを採用、“ブラック×ライム”と“ホワイト×シルバー”の2色をラインナップする。

WiMAX 2+とau 4G LTEをサポートするルーターで、4×4 MIMOと3CA(変調方式256QAM)を組み合わせ、理論値で下り最大708Mbpsの高速通信(ハイパフォーマンスモードかつハイスピードプラスエリアモード利用時)に対応。さらにUL CAと64QAMに対応し、上り通信速度も従来の2倍となる75Mbpsに向上した。

そのほか、新機能として従来利用していたモバイルルーターの接続情報(SSID/暗号化キーなど)をコピーする「Wi-Fiお引っ越し機能」を搭載。オプションの「有線LANポート付クレードル」を購入することで、ホームルーターとして使用することもできる。

接続インターフェイスはIEEE802.11a/b/g/n/acで、テザリングは最大接続10台、Bluetoothテザリングは最大接続3台をサポート。2,750mAhのバッテリーを内蔵し、連続通話約540分、連続待受約850時間に対応する。外形寸法W130×D12.6×H55mm、重量約131g。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 絵踏 一
華為技術日本株式会社: http://www.huawei.com/jp/

totop