Intel、AMD Radeon RX Vega内蔵の「第8世代Coreプロセッサ」正式発表

2018.01.08 16:01 更新

2018.01.07 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
Intel Corporation(本社:アメリカ カリフォルニア州)は2018年1月7日(現地時間)、グラフィックスチップとしてAMD Radeon RX Vegaを内蔵する「第8世代Coreプロセッサ」を正式発表した。
  • Intel、AMD Radeon RX Vega内蔵の「第8世代Coreプロセッサ」正式発表

i7-7700HQとGTX 1060を超えるパフォーマンスを1チップで実現

New 8th Gen Intel Core Processors with Radeon RX Vega M Graphics Offer 3x Boost in Frames per Second in Devices as Thin as 17 mm
https://newsroom.intel.com/news/8th-gen-intel-core-radeon-rx-vega-m-graphics/

2017年11月6日付けプレスリリースでアナウンスされた、Radeon GPU内蔵「第8世代Coreプロセッサ」が正式発表。詳細スペックが明らかになった。

8th-Gen_1024x575a
クアッドコアのCPUとRadeon RX Vega Mシリーズを1チップに統合

ベースとなるCPUコアは、ハイエンドノートPC向けCore Hシリーズで、今回発表された製品はすべて4コア、8スレッドに対応。GPUコアはAMD「Radeon RX Vega M」、メモリはHBM2 4GBを標準装備。それぞれのチップは異なるシリコンダイで実装され、新設計のインターコネクト技術「EMIB」(Embedded Multi-Die Interconnect Bridge)を介して接続されている。

8th-Gen_1024x575b

製品ラインナップはTDP 100Wの「Core i7-8809G」「Core i7-8709G」と、TDP65Wの「Core i7-8706G」「Core i7-8705G」「Core i5-8305G」の計5モデル。グラフィックスコアはTDP 100WモデルがCompute Unit 24基、ストリームプロセッサ数1,536基、TDP 65Wモデルがそれぞれ20基、1,280基とされる。

8th-Gen_1024x575c
第1弾モデルとして投入されるのはCore i7シリーズ4モデル、Core i5シリーズ1モデルの計5モデル

なおIntelの社内テストによれば、Core i7-7700HQとNVIDIA GeForce GTX 1060 Max-Qを搭載する現行ミドルレンジモデルとの比較では、最大1.13倍のパフォーマンスを発揮。さらに従来のディスクリートグラフィックスチップより厚さも約40%薄くできることから、より高性能かつスリムなノートPCやコンパクトPCが設計できるという。

8th-Gen_1024x575d
公開されている4つのベンチマークでは、いずれもCore i7-7700HQとNVIDIA GeForce GTX 1060 Max-Qを超えるパフォーマンスを発揮

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
Intel Corporation: http://www.intel.com/

totop