世界初のRyzen Threadripper対応MicroATXマザーボード、ASRock「X399M Taichi」

2018.01.05 10:52 更新

2018.01.04 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
ASRock Incorporation(本社:台湾)は2018年1月4日(現地時間)、X399/X299対応のMicroATXマザーボードや、Coffee Lake対応のコンパクトベアボーンキット「Z370 DeskMini GTX」など計3モデルを発表した。なおこれらの製品は「CES 2018」でお披露目される予定だ。
  • 世界初のRyzen Threadripper対応MicroATXマザーボード、ASRock「X399M Taichi」

Coffee Lake対応の「Z370 DeskMini GTX」も準備中

X399M Taichi
X299M Extreme4
Z370 DeskMini GTX
https://www.asrock.com/news/index.asp?iD=3888

Chris Lee氏のインタビュー記事で登場が予告されていた、Ryzen Threadripper対応のMicroATXマザーボードASRock「X399M Taichi」が正式発表された。

大型のCPUソケットが必要になるSocket TR4プラットフォームということで、メモリスロットこそ4本に抑えられているが、電源回路には「Dr.MOS」による11フェーズ回路を実装。さらにヒートパイプで連結された2ブロック構成の大型ヒートシンクを搭載することで、高負荷時でも安定した動作が可能になる。

また拡張スロットはPCI-Express3.0(x16)×3、NVMe SSD向けインターフェイスはU.2(32Gbps)×1、「Ultra M.2」(32Gbps)×3を備え、ATXフォームファクタのハイエンドモデルと比較しても何ら遜色のない高性能PCを組み上げることができる。

X299M_Extreme4_1024x512 Z370_DeskMini_GTX_1024x512
X299M Extreme4 Z370 DeskMini GTX

その他、Skylake-X/Kaby Lake-X両対応のLGA2066 MicroATXマザーボード「X299M Extreme4」と、Coffee Lakeに対応するIntel Z370チップベースのMicroSTXベアボーンキット「Z370 DeskMini GTX」も同時リリース。なおこれらの製品は、1月9日よりアメリカ ラスベガスで開催される「CES 2018」でお披露目される予定だ。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
ASRock Incorporation: http://www.asrock.com/

totop