仮想PC環境で高解像度出力を偽装できる、4Kディスプレイエミュレータがエスエスエーから

2017.12.27 11:19 更新

2017.12.26 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
株式会社エスエスエーサービス(本社:東京都千代田区)は2017年12月26日、4K解像度のディスプレイ接続をエミュレートできる4K仮想ディスプレイエミュレータ「MS-004」を発表した。価格はオープンプライスで、近く発売が開始される。
  • 仮想PC環境で高解像度出力を偽装できる、4Kディスプレイエミュレータがエスエスエーから
  • 仮想PC環境で高解像度出力を偽装できる、4Kディスプレイエミュレータがエスエスエーから

最大4K解像度に対応、遠隔操作時の視認・操作性を向上させるエミュレータ

MS-004 オープン価格(12月末発売予定)
http://ssa.main.jp/newindex/?p=2533

サーバーマシンやマイニングマシン、ヘッドマウントディスプレイのベースマシンといった、主に仮想環境で運用されるPC向けのエミュレータ「MS-004」がリリースされた。高解像度ディスプレイに接続していると認識させることで、遠隔操作時の視認性・操作性を向上させることができる。

低解像度な小型ディスプレイに接続している、あるいはディスプレイ接続環境がない場合に便利なアイテム。遠隔操作の場合、本来は実際に接続されたディスプレイ以上の解像度を設定することができないところ、リモート接続で高解像度に設定可能になる。

最大解像度は3,840×2,160ドットの4K解像度に対応(最大解像度はPC側のグラフィックスカードに依存)。電源不要のバスパワーで動作し、コネクタはHDMI(オス)のみ。なお、HDMIオーディオスプリッターに接続することで、音声のみを分離させることもできる。

パソコンショップアークにて、12月末より先行販売が行われる予定。メーカー保証は購入後6ヶ月間。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 絵踏 一
株式会社エスエスエーサービス: http://ssa.main.jp/

totop