スカイスクレイパー型Mini-ITXケース、Phanteks「EVOLV SHIFT」シリーズ16日発売

2017.12.14 11:08 更新

2017.12.14 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
Phanteks(本社:オランダ)国内正規代理店の株式会社アイティーシー(本社:東京都千代田区)は2017年12月14日、縦置き・横置き両対応のMini-ITXケース「ENTHOO EVOLV SHIFT」シリーズについて、新規取り扱い開始を発表した。発売は12月16日より開始され、市場想定売価は税込19,980円から。
  • スカイスクレイパー型Mini-ITXケース、Phanteks「EVOLV SHIFT」シリーズ16日発売
  • スカイスクレイパー型Mini-ITXケース、Phanteks「EVOLV SHIFT」シリーズ16日発売

高さの異なる2モデルがラインナップ

ENTHOO EVOLV SHIFT X(型番:PH-ES217XE_BK) 市場想定売価税込24,980円(12月16日発売)
http://www.itc-web.jp/product/enthoo-evolv-shift-x
ENTHOO EVOLV SHIFT(型番:PH-ES217E_BK) 市場想定売価税込19,980円(12月16日発売)
http://www.itc-web.jp/product/enthoo-evolv-shift

「COMPUTEX TAIPEI 2017」のプライベートブースレポートで一報をお届けした、Phanteksの“スカイスクレイパー”型Mini-ITXケース「ENTHOO EVOLV SHIFT」シリーズの国内発売日および市場想定売価がアナウンスされた。

2017comp_pjshift_13_1024x768
「COMPUTEX TAIPEI 2017」のプライベートブースで初披露されたPhanteks「EVOLV SHIFT」シリーズがいよいよ発売

縦置き・横置き両対応のコンパーチブルデザインで、縦置き時はフットプリントを最小限に抑えた設置が可能。ラインナップは拡張性を重視したハイハイトモデル「ENTHOO EVOLV SHIFT X」と、ローハイトモデル「EVOLV SHIFT」の2モデルが用意される。

いずれも両サイドパネルは強化ガラスで、フレーム部にケーブルガイドを実装。またドレスアップ機能として、マザーボードで制御できるRGB LEDイルミネーションを搭載する。さらに4面の外装パネルはすべて着脱できるため、コンパクトながら組み込みが比較的容易に行えるのも特徴だ。

ShiftX_1024x768e ShiftX_1024x768c
EVOLV SHIFT X

「EVOLV SHIFT X」のスペックは、ドライブベイが3.5インチシャドウベイ×2、2.5インチシャドウベイ×4(内2台標準装備)、拡張スロットは2段。冷却ファンはフロント120/140mm×3(140mm×1標準)、ボトム120/140mm×1(140mm×1標準)。I/OポートはUSB3.0×2。外形寸法はW170×D274×H650mm、重量9.5kg。CPUクーラーは全高82mm、グラフィックスカードは全長529mm、電源ユニットはSFX/SFX-L/ATX(全長160mm)に対応する。

Shift_1024x768a Shift_1024x768c
EVOLV SHIFT

「EVOLV SHIFT」のスペックは、ドライブベイが3.5インチシャドウベイ×1、2.5インチシャドウベイ×3(内2台標準装備)、拡張スロットは2段。冷却ファンはフロント120/140mm×2(140mm×1標準)、ボトム120/140mm×1。I/OポートはUSB3.0×2。外形寸法はW170×D274×H470mm、重量6.6kg。CPUクーラーは全高82mm、グラフィックスカードは全長350mm、電源ユニットはSFX/SFX-Lに対応する。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
株式会社アイティーシー: http://www.itc-web.jp/
Phanteks: http://phanteks.com/

totop