NVIDIA、VoltaコアとHBM2メモリを搭載する最上位GPU「TITAN V」発表

2017.12.08 14:41 更新

2017.12.07 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
NVIDIA Corporation(本社:アメリカ・カリフォルニア州)は2017年12月7日(現地時間)、Voltaアーキテクチャを採用するフラッグシップGPU「TITAN V」を発表した。直販サイトでは、すでに搭載グラフィックスカードの販売が開始され、価格は2,999ドル。
  • NVIDIA、VoltaコアとHBM2メモリを搭載する最上位GPU「TITAN V」発表
  • NVIDIA、VoltaコアとHBM2メモリを搭載する最上位GPU「TITAN V」発表

CUDAコア数5,120基のVoltaコア搭載

NVIDIAは、最新アーキテクチャVoltaを採用するフラッグシップGPU「TITAN V」を発表。直販サイトで搭載グラフィックスカードの販売を開始した。

メモリは容量12GBのHBM2で、製造プロセスはNVIDIA向けにカスタマイズされた最新12nmFFNプロセスを採用。トランジスタ数は211億個、処理性能は110TFLOPSとされ、Pascal世代のGPUコアに比べてエネルギー効率は2倍に向上しているという。

titan-v_1024x768b titan-v_1024x768e

主なスペックはグラフィックスプロセッサクラスターが6基、ストリーミングプロセッサが80基、CUDAコア数が5,120基、テクスチャユニットが320基。ベースクロックは1,200MHz、ブーストクロックは1,455MHz、メモリクロックは850MHz(データレート1.7Gbps)。またL2キャッシュは4,608K、メモリバス幅は3,072bitで、メモリ帯域幅は652.8GB/secとされる。

バスインターフェイスはPCI-Express3.0(x16)、ディスプレイ出力はDisplayPort×3、HDMI×1、補助電源コネクタは8+6pinで、TDPは250W、温度閾値は91℃。なおリファレンスクーラーはこれまでと同様2スロットの外排気クーラーを採用するが、カラーはゴールドへと変更されている。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
NVIDIA Corporation: http://www.nvidia.com/

totop