3D XPoint採用のDC向けSSD、Intel「Optane SSD DC P4800X」に750GBモデル登場

2017.11.10 11:11 更新

2017.11.09 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
Intel Corporation(本社:アメリカ カリフォルニア州)は2017年11月9日(現地時間)、「3D XPoint」メモリを採用するデータセンター向けSSD「Optane SSD DC P4800X」に、750GBの大容量モデルを追加した。フォームファクタはAIC/HHHLと、2.5インチU.2の2モデルがラインナップ。
  • 3D XPoint採用のDC向けSSD、Intel「Optane SSD DC P4800X」に750GBモデル登場
  • 3D XPoint採用のDC向けSSD、Intel「Optane SSD DC P4800X」に750GBモデル登場

フォームファクタは2.5インチU.2もラインナップ

Intel Doubles Capacity of World’s Most Responsive Data Center SSD
https://newsroom.intel.com/news/intel-doubles-capacity-worlds-most-responsive-data-center-ssd/

今年3月に発表されたデータセンター向け高耐久SSD、Intel「Optane SSD DC P4800X」に、750GBの大容量モデルが登場。既存の375GBモデルと合わせて、容量は2モデル展開となった。

記録メモリには低レイテンシかつ高耐久な「3D XPoint」を採用。容量も従来の2倍に拡大され、大規模なデータセットを扱うハイエンドデータベースサーバーのトランザクションキャッシュや、クラウドサーバー、高性能コンピューティング向けストレージに向く。

詳細スペックについては現時点で明らかにされていないが、インターフェイスはPCI-Express3.0(x4)、フォームファクタはAIC/HHHLと2.5インチU.2(15mm厚)の2種がラインナップされる。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
Intel Corporation: http://www.intel.com/

totop