開発期間約2年。CRYORIGのモニタースタンド型Mini-ITXケース「Taku」遂に完成

2017.11.09 12:21 更新

2017.11.08 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
CRYORIG(本社:台湾)は2017年11月8日(現地時間)、モニタースタンド型のMini-ITXケース「Taku」が完成したことを発表。国内発売は11月21日より開始され、市場想定売価税抜39,980円。
  • 開発期間約2年。CRYORIGのモニタースタンド型Mini-ITXケース「Taku」遂に完成
  • 開発期間約2年。CRYORIGのモニタースタンド型Mini-ITXケース「Taku」遂に完成

CRYORIGブランド初のPCケース

Taku 市場想定売価税抜39,980円(11月21日発売開始)
http://www.cryorig.com/news.php?id=77&page=1
http://www.cryorig.com/taku.php
国内販売代理店の株式会社ディラックより、国内発売がアナウンス。発売日および市場想定売価が判明したため一部内容を修正しました。

開発に2年以上掛けたというCRYORIGブランド初のPCケース「Taku」が遂に完成。11月21日より国内発売が開始される。

0608_comp_02_1024×768_09
「COMPUTEX TAIPEI 2016」でお披露目された初期サンプル。基本的なスタイルに変更はないものの、細かい所がブラッシュアップされている

「COMPUTEX TAIPEI 2016」で初披露された「Taku」。その後も着実に改良が続けられ、今年5月にはKiskstarterによるクラウドファンディングを開始した。残念ながら目標額を達成することはできなかったものの、製品販売に十分な初期支持者とフィードバックが得られたとして開発が継続。このたび日の目を見ることになったワケだ。

Taku_1024x768c

製造を手がけるのはLian Liで、シャシー素材は厚さ2mmのアルミニウムを採用。下部には木製スタンドを実装し、フルキーボードを収めることができる。またシステムトレイはプッシュオープン式で、引き出すことができるため、コンパクトケースながら組み立てやメンテナンスを楽に行うことができる。

ドライブベイは3.5インチシャドウベイ×1、2.5インチシャドウベイ×2、拡張スロットは2段で、グラフィックスカードは280×134×40mmまで対応。電源ユニットはSFX/SFX-L、CPUクーラーは全高48mm、メモリは全高52mmまで対応する。

Taku_1024x768c Taku_1024x768f

外形寸法は、W570×D310×H142mm、重量5.3kg。なお本体カラーはシルバーのみで、Kickstarterの支持者には事前注文オプションと、ロープロファイルCPUクーラー「CRYORIG C7」が提供される。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
CRYORIG: http://www.cryorig.com/

totop