GIGABYTE、Intel Z370搭載Mini-ITXマザー「Z370N WIFI」を正式発表

2017.10.31 10:56 更新

2017.10.28 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • hatena
  • pocket
GIGABYTE TECHNOLOGY(本社:台湾)は2017年10月28日(現地時間)、Intel Z370チップを採用するMini-ITXマザーボード「Z370N WIFI」を正式発表。詳細スペックを公開した。
  • GIGABYTE、Intel Z370搭載Mini-ITXマザー「Z370N WIFI」を正式発表
  • GIGABYTE、Intel Z370搭載Mini-ITXマザー「Z370N WIFI」を正式発表

唯一詳細不明だったMini-ITXモデル正式発表

先日国内取り扱い開始がアナウンスされたGIGABYTE Z370シリーズ。その中で唯一詳細が明らかにされていなかったMini-ITXモデル「Z370N WIFI」が正式発表。詳細スペックが判明した。

スタンダード向け「Ultra Durable」シリーズに属する製品で、プラットフォームはLGA1151、CPUはTDP95WまでのCoffee Lakeに対応。またメモリスロットはデュアルチャネル駆動のDDR4×2で、最高4,400MHzまでの高クロック動作をサポートする。

Z370N_WIFI_1000x750c

さらに6つのセンサーと連動してファンの回転数を制御できる「Smart Fan 5」や、デジタルRGBストリップをサポートするLEDライティング機能「RGB Fusion」、ネットワークのトラフィックを管理できる「cFosSpeed」、M.2 SSDのサーマルスロットリングを解消する「M.2 Thermal Guard」などの独自機能を備える。

主なスペックはストレージがSATA3.0(6Gbps)×4、M.2×2(2242/2260/2280と2260/2280)、拡張スロットはPCI-Express3.0(x16)×1で、ネットワークはIntel製デュアルギガビットLAN、IEEE 802.11ac無線LAN、Bluetooth 4.2に対応する。

Z370N_WIFI_1000x263
  • ソケット:LGA1151
  • チップセット:Intel Z370
  • フォームファクタ:Mini-ITX
  • メモリスロット:DDR4-4400×2(最大32GB)
  • 拡張スロット:PCI-Express3.0(x16)×1
  • ストレージ:SATA3.0(6Gbps)×4、M.2×2
  • LAN:ギガビットLAN×2(Intel)、IEEE 802.11ac、Bluetooth 4.2
  • サウンド:8ch HDオーディオ(Realtek ALC1220)
  • インターフェイス:USB3.1 Gen.1×7(Type-C×1/Type-A×6)、オーディオ端子×3、ギガビットLAN×2、HDMI×2、DisplayPort×1
  • 外形寸法:170×170mm

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
GIGABYTE TECHNOLOGY: http://www.gigabyte.com/

totop