Intel、3D XPoint技術を採用するコンシューマ向けSSD「Optane SSD 900P」シリーズ発表

2017.10.27 23:15 更新

2017.10.27 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
Intel Corporation(本社:アメリカ カリフォルニア州)は2017年10月27日、3D XPoint技術を採用するコンシューマ向けSSD「Optane SSD 900P」シリーズを発表した。フォームファクタはPCI-Express3.0(x4)と2.5インチU.2の2種で、容量は前者は280GBと480GB、後者は280GBが用意される。
  • Intel、3D XPoint技術を採用するコンシューマ向けSSD「Optane SSD 900P」シリーズ発表
  • Intel、3D XPoint技術を採用するコンシューマ向けSSD「Optane SSD 900P」シリーズ発表

低レイテンシかつ高耐久な3D XPoint技術採用

Optane SSD 900Pシリーズ(グローバル市場向け発売開始)
280GB 市場想定売価389ドル
480GB 市場想定売価599ドル
https://newsroom.intel.com/news/blazing-fast-gaming-intels-first-client-optane-ssd/

IntelはMicronと共同開発した新型不揮発性メモリ3D XPointを採用するコンシューマ向けSSD「Optane SSD 900P」シリーズを発表した。すでにデータセンター向けモデルや、HDDキャッシュ用の「Optane Memory」などがリリースされているが、コンシューマ向けストレージは本モデルが初めての製品となる。

3D XPointは一般的なNANDフラッシュに比べ、レイテンシが1/4程度に抑えられており負荷の高いワークロードで優れた性能を発揮できるのが特徴。また書込耐性は最大22倍へと大きく向上しており、長時間データを書き込む大容量レンダリングや動画のエンコードなども安全に行うことができるという。

フォームファクタはPCI-Express3.0(x4)カードと2.5インチU.2の2種で、容量は前者が280GBと480GB、後者が280GBのみの計3モデル。転送速度はシーケンシャル読込最大2,500MB/sec、書込2,000MB/sec、ランダム読込550,000 IOPS、書込500,000 IOPS、レイテンシは10μs未満で、書込耐性は480GBモデルでは8,760TBWに及ぶ。

グローバル向け発売は即日開始され、販売価格は280GBモデルが389ドル、480GBモデルが599ドル。なおマウスコンピューターからは10月30日より、「Optane SSD 900P」を搭載したクリエイター向けPCの発売が開始される予定だ。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
Intel Corporation: http://www.intel.com/

totop