「WINDFORCE STACK 3X」搭載のGTX 1080、GIGABYTE「GV-N1080AORUS-8GD rev2」

2017.10.17 16:40 更新

2017.10.17 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
GIGABYTE TECHNOLOGY(本社:台湾)国内正規代理店のCFD販売株式会社(本社:愛知県名古屋市)は2017年10月17日、「WINDFORCE STACK 3X」クーラーを搭載するGeForce GTX 1080「GV-N1080AORUS-8GD rev2」について、新規取り扱い開始を発表した。発売は10月中旬予定で、市場想定売価は税抜80,000円前後。
  • 「WINDFORCE STACK 3X」搭載のGTX 1080、GIGABYTE「GV-N1080AORUS-8GD rev2」
  • 「WINDFORCE STACK 3X」搭載のGTX 1080、GIGABYTE「GV-N1080AORUS-8GD rev2」

バックプレートにも放熱用の銅製ベースを搭載

3つの100mmファンをスタック構造で実装した、オリジナル3連ファンクーラー「WINDFORCE STACK 3X」採用のGeForce GTX 1080グラフィックスカード。

ヒートシンクの受熱部にはGPUやVRMの熱を素早く移動する大型の銅製ベースプレートと複合ヒートパイプを搭載。さらにバックプレートのGPU部分にも放熱を助ける銅製ベースを備えることで、静音性を損なうことなく、優れた冷却性能を発揮できる。

またTITAN Xグレードの高品質コンポーネントや、宇宙航空グレードの基板コーティング、補助電源コネクタの異常を知らせる「LEDインジケーター」、1,680万色のカスタマイズに対応する「RGB FUSION」などの独自機能を採用。

主なスペックはGaming mode時がベース1,708MHz、ブースト1,847MHz、OC Mode時がベース1,733MHz、ブースト1,873MHz。メモリクロックは10,010MHz、メモリバス幅256bitで、GDDR5X 8GBのビデオメモリを搭載させた。

バスインターフェイスはPCI-Express3.0(x16)、出力インターフェイスはDVI-D×1、DisplayPort×3、HDMI×3(内2つはVR用の内部ポート)。補助電源コネクタは8pin×2で、外形寸法は、57×287×140mm。

gvn1080aorus8gdrev2_780x296
  • GPU:GeForce GTX 1080
  • CUDA数:2,560基
  • コアベースクロック:1,708MHz/1,733MHz
  • コアブーストクロック:1,847MHz/1,873MHz
  • メモリクロック:10,010MHz
  • ビデオメモリ:GDDR5X 8GB
  • メモリバス幅:256bit
  • 出力インターフェイス:DVI-D×1、DisplayPort×3、HDMI×3(内2つはVR用の内部ポート)
  • VGAクーラー:WINDFORCE STACK 3X
  • バスインターフェイス:PCI-Express3.0(x16)
  • 補助電源:8pin×2
  • 外形寸法:57×287×140mm

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
CFD販売株式会社: http://www.cfd.co.jp/
GIGABYTE TECHNOLOGY: http://www.gigabyte.com/

totop