ATX対応の小型デュアルチャンバPCケース、Riotoro「Prism CR1088」

2017.10.13 12:39 更新

2017.10.12 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
Riotoro(本社:アメリカ カリフォルニア州)は2017年10月12日(現地時間)、ATXマザーボードに対応するコンパクトなデュアルチャンバPCケース「Prism CR1088」を発表した。
  • ATX対応の小型デュアルチャンバPCケース、Riotoro「Prism CR1088」
  • ATX対応の小型デュアルチャンバPCケース、Riotoro「Prism CR1088」

フロントパネルにはRGBイルミネーション機能搭載

「Prism CR1088」は、ATXフォームファクタ対応するW230×D394×H360mmサイズのコンパクトなPCケース。マザーボードトレイを挟んで左側にドライブや電源ユニットを、右側にマザーボード、CPU、グラフィックスカードを搭載するデュアルチャンバ構造を採用する。

riotoro_cr1088_1024x768d riotoro_cr1088_1024x768c

フロントパネルはオールメッシュ仕様で、RGBイルミネーション機能を搭載。また右サイドパネルにはアクリルウィンドウパネルを採用するため、ケース内のドレスアップにも対応する。

riotoro_cr1088_1024x399

冷却ファンはフロント120mm×2(右側)、フロント80mm×1(左側)、ボトム120mm×2(右側)、リア80mm×1(右側)で、ドライブベイは2.5/3.5インチシャドウベイ×2、2.5インチシャドウベイ×2。拡張スロットは7段で、グラフィックスカードは全長300mmまで対応する。

riotoro_cr1088_1024x768f riotoro_cr1088_1024x768e

I/OポートはUSB3.0×2、HDオーディオ端子×2、重量3.9kg。対応CPUクーラーは全高120mmまで、電源ユニットは全長220mmまで。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
Riotoro: http://riotoro.com/

totop