久しぶり復活のペン入力スマホ「Galaxy Note8」&ソニーHDRスマホ「Xperia XZ1」がauから発売決定

2017.10.11 12:29 更新

2017.10.11 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
KDDI株式会社(本社:東京都千代田区)および沖縄セルラー電話株式会社(本社:沖縄県那覇市)は2017年10月11日、ペン入力スマートフォン「Galaxy Note8 SCV37」やHDRディスプレイ搭載スマートフォン「Xperia XZ1 SOV36」など、最新スマートフォン3機種の取り扱いを発表した。11月26日以降順次発売が開始される。

Samsung&ソニーの最新フラッグシップスマホ、まずはauからリリース

Galaxy Note8 SCV37 端末価格税込118,800円(11月26日発売予定)
http://news.kddi.com/kddi/corporate/newsrelease/2017/10/11/2734.html
Xperia XZ1 SOV36 端末価格税込90,720円(11月中旬以降発売予定)
http://news.kddi.com/kddi/corporate/newsrelease/2017/10/11/2733.html
AQUOS sense SHV40 端末価格税込32,400円(11月上旬以降発売予定)
http://news.kddi.com/kddi/corporate/newsrelease/2017/10/11/2732.html

「Galaxy Note8 SCV37」は、Samsungがグローバルで発売している「Galaxy Note8」の国内向けモデル。専用スタイラス「S-Pen」による高精度なペン入力に対応した「Galaxy Note」シリーズ最新作で、国内向けには「Galaxy Note Edge」以来3年ぶりの登場となった。

アスペクト比18.5:9と縦長な6.3インチ有機EL「Infinity Display」を搭載。「S-Pen」は、4,096段階の筆圧感知とスキャンレート360Hzに対応する。ディスプレイ解像度は1,440×2,960ドットでHDRに対応、オクタコアCPU、メモリ6GB、ストレージ64GBを実装する。搭載OSはAndroid 7.1。

カメラは望遠・広角1,220万画素のデュアルカメラを装備。防水・防塵仕様で、指紋・虹彩・顔認証と3種の生体認証に対応している。また、国内向けに、フルセグ・ワンセグ、おサイフケータイ機能も備える。カラーバリエーションは、ミッドナイト ブラック、メープル ゴールドの2色。

SOV36_620x300
Xperia XZ1 SOV36

ソニーの最新フラッグシップスマートフォン「Xperia XZ1」の国内向けモデル「Xperia XZ1 SOV36」も同時リリース。高性能カメラやHDR対応の5.2インチフルHDディスプレイを搭載する。

OSは最新のAndroid 8.0を搭載。Snapdragon 835、メモリ4GB、ストレージ64GBを実装する。1,920万画素のメインカメラは、毎秒960フレームのスーパースローモーション撮影や先読み撮影といった機能に対応している。

そのほか、防水・防塵仕様で、フルセグ・ワンセグ、おサイフケータイ機能を搭載。3CC CA、256QAMなどの技術により、最大708Mbpsの通信に対応する。カラーは、ブラック、ウォームシルバー、ムーンリットブルー、ヴィーナスピンクの4色展開。

SHV40_450x338a SHV40_450x338b
AQUOS sense SHV40

3万円台とリーズナブルなシャープ製スマートフォン「AQUOS sense SHV40」も来月以降に発売。低価格モデルながら、5インチのフルHD IGZOディスプレイを搭載、鮮やかで実物に近い映像表現を可能にしている。

メモリ3GBとストレージ32GBを内蔵、搭載OSはAndroid 7.1。1,310万画素のメインカメラを備え、ボディは防水・防塵に対応する。カラーバリエーションは、オパールグリーン、シルキーホワイト、ミスティピンク、ベルベットブラックの4色から選択可能だ。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 絵踏 一
KDDI株式会社: http://www.kddi.com/
沖縄セルラー電話株式会社: http://www.au.kddi.com/okinawa_cellular/

totop